日本株投資家 坂本彰【公式】ブログ

2009年10月、130万円だった株式資産は2015年に5000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億円に。

証券用語 は行


□証券用語 は行


株で儲ける黄金法則とは・・・?





配当(はいとう)

株式を発行した企業は利益を上げると株主にそれを分配する。
その分配された利益のことを配当という。


初値(はつね)

証券取引所に新規上場した銘柄が上場して、最初についた
(=売買が成立した)値段のこと。


バリュー投資(ばりゅーとうし)

企業の利益・資産などの基準に対して割安なものに投資する手法。
PERやPBRの低いもの、配当利回りの高いものなどが代表的な選択基準。
(これらの基準をみて、株価が割安におかれている企業が対象である)


ヒゲ(ひげ)

株価などの推移を示すものとしてチャートがあるが、代表的なチャートに
ローソク足がある。

ローソク足の太線の部分を「実体」と呼び、細線の部分を「ヒゲ」と呼ぶ。
ヒゲを影とも呼ぶ。ヒゲには、上ヒゲと下ヒゲがある。


ファンダメンタルズ分析(ふぁんだめんたるずぶんせき)

投資家によっては、株価が株式の価値よりも割高に見えたり、割安に
見えたりする。

ある投資家が株価を割安だと見ると、将来株価が株式の価値に
戻ることを期待して、買いの判断をする。

株式投資をするにあたっては、この株式の価値に対する基礎的な考え方を
持って、投資判断をすることが重要である。

ファンダメンタルズ分析とは、株式の本質的価値と市場価格にギャップが
存在しても、いずれは本質的価値が市場で実現されるという考え方である。

ファンダメンタルズは、突発的な出来事を除くと一朝一夕に変化する
ものではなく、また、投資家にはなかなか伝わりにくいものである。

しかし、株価は日々変動しているので、売買のタイミングを捉える
ためには、テクニカル分析が必要となってくる。


ファンドマネージャー(ふぁんどまねーじゃー)

金融資産を運用する専門家のこと。

最後の株式投資マニュアル ブログTOPページへ

証券用語 な行


□証券用語 な行


株で儲ける黄金法則とは・・・?





ナンピン(なんぴん)

当初買い付けた有価証券の価格が大きく下がったために、
平均買付コストを下げるために、さらに買付けること。


日銀短観(にちぎんたんかん)

日本銀行が四半期に一度発表する「主要(全国)企業短期経済観測調査」のこと。

日本銀行という金融政策当局自身が調査し、直接、各企業の経営者に業況感を
問うマインド調査であり、しかも、サンプル数が十分にあり、回収率も高いので、
数多くある経済指標の中でも特に注目されている統計である。


値がさ株(ねがさかぶ)

株価の高い銘柄のこと。
実際にいくら以上の株式が「値がさ株」という定義はない。

これは、その時の相場全体の水準によって変わってくる。

最後の株式投資マニュアル ブログTOPページへ

証券用語 た行


□証券用語 た行


株で儲ける黄金法則とは・・・?





大納会(だいのうかい)

年末の最終取引日。例年は12月30日である。
当日が土曜日の場合には12月29日になる。立会時間は、前場のみ。


大発会(だいはっかい)

新年最初の取引日。例年は1月4日である。当日が日曜日の場合には1月5日、
土曜日の場合には1月6日になる。立会時間は、前場のみ。


チャート(ちゃーと)

株価の動きをグラフ化したもの。株式投資をする上で、相場の
転換点を知るための参考となる。


中間配当(ちゅうかんはいとう)

営業年度を1年とする会社が、期末配当とは別に、その年度中の
一定の日に行う金銭の分配のこと。


低位株(ていいかぶ)

株価が市場全体の水準の値段に比べて低いところにある株式。株価500円以下
というような区分もあれば、東証1部上場銘柄の株価ランキング下位20%と
いったルールを元に、株価全般の水準の変化にあわせ適宜区切りを見直す
相対的な区分もあり、どちらの概念でも使用される。


出来高(できだか)

出来高は、市場全体の売買株数を示す。相場の勢いをみる参考指標で、
売買高ともいう。


テクニカル分析(てくにかるぶんせき)

移動平均線、株価チャートなど、株価データの「型」(=パターン)を
基礎に、相場の先行きを予測する手法。

「株価は株価に聞け」という相場格言にもあるように、投資家心理が
株価形成に反映され、こうして決定された市場価格は全ての情報を
織込んでいるという考え方に基づいている。


当期利益(とうきりえき)

商法の計算書類規則による損益計算書上において、税引前当期利益
(税引前当期損失)から法人税及び住民税を差し引いた利益のこと。

計算後、利益ではなく損失となった場合は、当期損失という。


TOPIX(とぴっくす)

東京証券取引所が日々計算し発表している株価指数で、 東証第1部の
毎日の時価総額(全上場株をある日の終値で評価したものの合計額)を
基準日の時価総額で割って算出される。

1968(昭和43)年1月4日の時価総額を100として計算しており、日経平均
株価とならんで、重要な指数の1つとなっている。

最後の株式投資マニュアル ブログTOPページへ
プロフィール
株式会社リーブル代表取締役
坂本 彰(さかもと あきら)

サラリーマン時代に始めた株式投資から多くの失敗と経験をし、株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。

平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。

著書に「小売お宝株だけで1億円儲ける法」(日本実業出版社)「60歳から10万円で始める高配当株投資術」「10万円から始める高配当株投資術」(あさ出版)がある。

メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。

投資助言・代理業(投資顧問業)近畿財務局長(金商)第356号
一般社団法人日本投資顧問業協会加入 会員番号 022-00264号

雑誌掲載、出版等のご依頼がございましたら下記メールアドレスまでご連絡をお願いいたします。折り返し返信させていただきます。

kabu@toushi01.com
メディア掲載履歴
日経ヴェリタス
日経ヴェリタス4月8日号

ダイヤモンドザイs 2018年4月号
ダイヤモンドザイ2018年4月号

週刊ポストs 3月2日号
週刊ポスト3月2日号

週刊ポストs 29
週刊ポスト2月9日号

日経ヴェリタス
日経ヴェリタス12月31日号

ダイヤモンドザイs
ダイヤモンドザイ2018年2月号

カリスマ投資家たちのs
カリスマ投資家たちの株式投資術(KADOKAWA)

BIGtomorrow増刊号s
BIGtomorrow増刊号

ダイヤモンドザイs
ダイヤモンドザイ2017年9月号

日本の投資家億万長者
日本の投資家億万長者列伝 宝島社

yenspa
Yen SPA!2017年夏号

高配当株投資術 日経新聞s
2017年5月23日 日経新聞

BIGtomorrow s
BIGtomorrow2017年5月号

ダイヤモンドザイ 2017年6月号s
ダイヤモンドザイ2017年6月号

BIG 増刊号s
BIGtomorrow2017年5月号増刊

BIG-s 2017-5
BIGtomorrow2017年5月号

週刊ポストs
週刊ポスト2月3日号

BIG 2017-3s
BIGtomorrow 2017年3月号

2016年度以前の掲載履歴はこちらから

  • ライブドアブログ