日本株投資家 坂本彰【公式】ブログ

2009年10月、130万円だった株式資産は2015年に5000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億円に。

ウィリアム・デルバート・ギャン


□ウィリアム・デルバート・ギャン


株で儲ける黄金法則とは・・・?





ご存知ない方も多いと思いますが、ギャンは相場予測の技法やルールを
自著の中でしるしてあります。

その中で私も投資ルールの指標として、活用しています項目を書いておきます。

どれも非常に重要で、株取引の極意を、あらわしていると思います。

よければ読んでみてください。


・資金の額、資金を10等分し、1回の取引に資金の1/10以上のリスクをとらない。

・ストップロス・オーダー(損切り)を使うこと。取引にあたっては常に、ポジションを選ぶこと。

・過剰な売買を決してしない。

・儲けを損失に変えない。含みができれば、利益を失わないようにストップロス・オーダーを近づけること

・トレンドには逆らわない。自分のチャートとルールに従って、相場のトレンドに確信がないときは売買しない。

・疑わしいときは手仕舞い。

・活発な銘柄のみを取引する。動きが鈍く、活気のない銘柄には手を出さない。

・リスクの均等分散。できれば4つか5つの銘柄を取引する。資本全部を1銘柄に集中させることは避ける。

・指値をしてはならないし、売買の価格を固定してはならない。成り行きで売買すること。

・充分な理由なしに手仕舞わない。利益を守るにはストップロス・オーダーでフォローする。

・実現益は蓄積せよ。連続して取引に成功したら、一部は温存し、口座に入れ、緊急時やパニック時にだけ使うこと。

・配当目当てで株を買わない。小掬い商い(短時間で、ほんの少しの利益を狙って行う取引)をしない。

・ナンピンをしない。ナンピンはトレーダー最大の誤りである。

・我慢できないというだけで相場から逃げない。また、待ちきれなくなったというだけで手を出さない。

・小さな儲けと大きな損は避ける。

・ポジションを取るのと同時にストップロス・オーダーを出し、これをキャンセルしない。

・あまり頻繁に売買しない。

・買いをいとわないのと同様、空売りをいとわないこと。トレンドについづいし、儲けることを目的とする。

・安いというだけで買ってはならないし、高いというだけで売ってはならない。

・ピラミッディング(積み増ししていく額を減らしながら買う)のタイミングに注意する。
 株が非常に活発になり抵抗線を抜けるのを待ってから買い増しし、支持線を割るまで待ってから売り増しする。

・買いのピラミッディングをするには、発行株式数の少ない銘柄を選び、空売りの
 ピラミッディングをするには、発行株式数の多い銘柄を選ぶ。

・ヘッジは決してしない。

・充分な理由なしにポジションを変えないこと。取引をする場合は、充分な理由に基づくか、または明確なルールによること。
 また、相場のトレンドが変わる明確な兆候がない限り手を引かない。

・長期間成功し、儲けた後で取引量を増やすことは避ける。

・相場が天井になるときを当て推量してはならない。天井は相場が明らかにする。明確なルールに従うことで、相場をすることが出来る。

・自分よりも相場を知らない人の助言に従ってはならない。

・損が出た後では取引量を縮めよ。決して増やしてはならない。

・間違えて入るのを避けるのと同じく、間違えて手仕舞うことも避ける。いずれも間違いだからである

最後の株式投資マニュアル ブログTOPページへ

ジョン・ネフ


□ジョン・ネフ


株で儲ける黄金法則とは・・・?





ジョン・ネフはバフェットやロジャースと比べ地味な存在で
知っている人は少ないと思いますが、米国では非常に有名で
30年以上にわたりトップクラスの運用成績を続けてきたファンドマネージャーである。

ネフの投資スタイルは非常に具体的で分かりやすく、大いに参考になります。

そのノウハウとは「利益成長率(例116%なら16)+配当利回り(例4%)」
で出た数値をその会社のPER(20倍)と考え、実際のPERが、ネフの出したPERの半分程度
の水準なら、割安だと考えるのだ。

(ここで注意したいのはネフが選んだ銘柄は利益成長率20%程
度までしか選んでいなかった)

安定成長が続いてくれそうな優良株に、この公式を使った投資法は威
力を発揮してくれるのです。

最後の株式投資マニュアル ブログTOPページへ

ウォーレン・バフェット


□ウォーレン・バフェット


暴落を歓迎する。

株式投資で成功する人のほとんどはこうした逆バリ投資法を
持ち合わせている人だ。

1代で4兆円の資産を築いた、史上最強投資家の
ウォーレン・バフェットもその一人。

空前絶後のパフォーマンスをあげたバフェットの投資法は以外
にもシンプルで、ものすごく良い株を、激安な値段で買う、
というものだった。

これはバフェットにとって第一の師匠である
ベンジャミン・グレアムの教えである。

株で儲ける黄金法則とは・・・?





この教えを忠実に実践した若きバフェットはグングン
資産を伸ばしたが、やがて失敗をするケースが増えてきた。

それは資産は持っているけれども、本業がうまくいっておらず、
将来の見込みが暗い、銘柄だった。

こうした経験から学んだことは、「すごく魅力的な銘柄が、
激安になったとき に買うとき」という事だった。

すごく魅力的な銘柄、とはどんな銘柄なのか?

それは第二の師匠であり、成長株投資の祖とも言われた
フィリップ・フィッシャーの言葉

「今後何十年も輝き続けるような株」。

短期的に急成長しているのではなく、抜群の事業基盤を持って、
安定して成長し続けるような企業であり他の企業や新規参入者が
太刀打ちできないような特権的な強みを持つ企業だそうだ。

こうしたブランド企業が一時的なトラブルや相場全体の暴落な
どで価格が大きく下げた時こそ、真の買いチャンスだという訳である。

最後の株式投資マニュアル ブログTOPページへ
プロフィール
株式会社リーブル代表取締役
坂本 彰(さかもと あきら)

サラリーマン時代に始めた株式投資から多くの失敗と経験をし、株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。

平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。

著書に「小売お宝株だけで1億円儲ける法」(日本実業出版社)「60歳から10万円で始める高配当株投資術」「10万円から始める高配当株投資術」(あさ出版)がある。

メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。

投資助言・代理業(投資顧問業)近畿財務局長(金商)第356号
一般社団法人日本投資顧問業協会加入 会員番号 022-00264号

雑誌掲載、講演会、出版等のご依頼がございましたら下記メールアドレスまでご連絡をお願いいたします。折り返し返信させていただきます。

kabu@toushi01.com

※ブログや動画で採り上げた銘柄は利益を保証するものではありません。

情報提供が目的であることを事前にご理解の上、自己責任にて投資をお願い致します。

最新記事(画像付)
出版実績
書籍 画像2s
「小売お宝株だけで1億円儲ける法」(日本実業出版社) 高配当株投資術 書籍画像2s
「10万円から始める高配当株投資術」(あさ出版) 60歳から10万円で始める高配当株投資術s
「60歳から10万円で始める高配当株投資術」(あさ出版)
メディア掲載履歴
日経ヴェリタス
日経ヴェリタス4月8日号

ダイヤモンドザイs 2018年4月号
ダイヤモンドザイ2018年4月号

週刊ポストs 3月2日号
週刊ポスト3月2日号

週刊ポストs 29
週刊ポスト2月9日号

日経ヴェリタス
日経ヴェリタス12月31日号

ダイヤモンドザイs
ダイヤモンドザイ2018年2月号

カリスマ投資家たちのs
カリスマ投資家たちの株式投資術(KADOKAWA)

BIGtomorrow増刊号s
BIGtomorrow増刊号

ダイヤモンドザイs
ダイヤモンドザイ2017年9月号

日本の投資家億万長者
日本の投資家億万長者列伝 宝島社

yenspa
Yen SPA!2017年夏号

高配当株投資術 日経新聞s
2017年5月23日 日経新聞

BIGtomorrow s
BIGtomorrow2017年5月号

ダイヤモンドザイ 2017年6月号s
ダイヤモンドザイ2017年6月号

BIG 増刊号s
BIGtomorrow2017年5月号増刊

BIG-s 2017-5
BIGtomorrow2017年5月号

週刊ポストs
週刊ポスト2月3日号

BIG 2017-3s
BIGtomorrow 2017年3月号

2016年度以前の掲載履歴はこちらから

  • ライブドアブログ