7月のISM指数は48.9に


米供給管理協会(ISM)が発表した7月の
製造業部門指数は48.9
となりました。


ISM指数とは日銀短観の米国バージョンという指数で
50を基準に上回れば好景気。

下回ると不景気という景況感を数字で発表します。


分岐点となる50を引き続き下回っているものの、
前月の44.8から改善し、約1年ぶりの高水準となりました。

この発表を受けてNY株は100ドルを超える上げ幅となり
日経平均も続く形となりそうです。


他にも、株式投資情報についてご希望の方は
このレポートに登録しておいてください。


人気ブログランキングへブログランキング挑戦中です。応援クリックお願いします