JAL 9205から学ぶ教訓



気になる銘柄情報は「ランキング」で確認!


ついにJALの株価が7円となって
しまいました。

これは昨日の気配値の画像ですが、
会社更生法活用と上場廃止報道で
売りが殺到。

最高で株数の25%に当たる6億株以上が
売り注文に上がったそうです。

9205.jpg

結局今日7円で値がつきましたが、
投資初心者はここから学ぶことがあったでしょう。

それは、どんなに話題になっている銘柄でも
利益を出せていない会社は遅かれ早かれ
倒産する、株価がゼロになるということです。



私は会社四季報を見ていましたが、同社の過去の
業績は黒字と赤字の繰り返し。

利益余剰金はマイナス1593億、有利子負債が
8428億と借金体質。

10.3月期利益予想は2700億の赤字、11年も
1200億の赤字予想となっていました。


ちゃんとしたデータを見れば、この会社が買うに
値する会社かどうかすぐに判断できるはずです。



「割安だ、株主優待がある」

という旨みはありますが、それを見越しての
思惑買いはギャンブルでしかありません。


言葉の最後に「〜なりそうだ」という発想が
出るのなら、それは危険なシグナルです。


注目! 2010年の資産運用術
期間限定無料プレゼント中!今すぐアクセス