いつも応援ありがとうございます。 人気ブログランキングへ 


株式投資ブームになると、株を新たに始めようとする人は一気に増え
ますが、株価が下がるとともに多くの人が関心を失っていきます。


株式投資は文字通り「投資」ですから、すぐに結果が出るものでも
ありませんし、また出そうとするほどリスクの高い運用スタイルに
なっていきます。


私としては株価下落時にこそ買い増しのチャンスであったり、再度
株価上昇するので短期より長期リターンを考えて投資すれば良いと
思います。



個人投資家も多くの人は、株式投資は長期投資と考えてスタート
するのですが、いつの間にか長期での判断より短期での投資判断、
リターンを優先して行動していくのです。


この矛盾は昔から「何故だろう?」と考えていたのですが、今回
改めて個人投資家が当初の方針を継続できなり理由について考えて
みました。


(もちろん人により、私が出した答えは間違っているという反論も
あると思いますが、すべての人に当てはまる回答は出せないと思います。

あくまで一般的に多いと思われる傾向と、その対策について書いて
いきますが、その点はご了承いただければと思います。)


まず、運用方針がいつの間にか変わってしまう理由として挙げられる
のが「間違った投資情報先を選んでいる」投資家が非常に多いという
事実です。


ほとんどの個人投資家は昨日の株価がどうなったとか、経済ニュース
についてなどの情報は詳しいのですが、非常に短い投資スパンでの判断
材料ばかり得ている傾向が強いです。


その一方で運用法や資産運用方針、個別企業の業績に関心を寄せて
時間を割いている投資家は希少です。


極端に短い出来事での投資判断材料ばかり得ており、長期での投資
判断材料は蓄積できていないため偏った判断をしやすくなるのだと
思います。


長期投資を希望しつつも、自分が得ている情報源そのものが非常に
短い期間でしか使えないものしか得ていないため、短期的な判断を
しやすくなるのです。


改善策としては、長期での投資判断となるような材料も合わせて
学んでいくことです。


短期と長期、2種類の情報を同時に学ぶことが必要なのですが、
世間は短期の情報がほとんどです。



そのため意識的に長期投資のノウハウを積極的に学ぶようにして、
短期の材料は避けるようにしましょう。


そして次に大事なのが、投資を続けるための明確な理由を持って
いるかどうか?



人が何かの活動、行動をする上で、それを続けていく上で明確な
理由があるのとないのとでは、結果に雲泥の差が出てしまいます。


そして理由にも強弱があって、弱い理由だと自分の信念が弱くなり
ちょっとしたことで揺らぎやすいです。


反対に、続ける理由が強いと多少の事では動じず、長期間貫くことが
できます。



理由の強弱については解説が難しいのですが、自分が株式投資を
続けて何を得たいのか?


お金という金額も大事なのですが、それだけでは急落時に目標が
一気に遠ざかってしまうため諦めてしまうケースが多くなります。


そのため具体的な数字(お金)だけではなく、それ以外の目標を
持つようにしてください。


・企業の将来性、成長を楽しむ

・株をしてることを誇る

・未来志向になる


などでもいいです。


何に対して喜びを感じているのか?それを意識して目標にして
いきましょう。


できれば、人生を賭して何を成したいのか。
それくらい大きなビジョンを持つようにしてみてください。



例えば私の場合、株式投資は仕事であることや、自分自身が
楽しいこと、ライフワークの一部であることなどにより続ける
ための理由はいくつもあります。


その理由も比較的強いです。


しかし趣味のバイオリンは続けるための強い理由がないため、
3年以上続けていますがかなり辛い状況が続いています。


練習は辛くすぐに疲れます、演奏も下手なのですが上達もして
いきません。


あと最後に、株を継続できない人は、学習することの大切さを
忘れていると思います。



人は絶えず学びながら成長、変化していくものです。


株価は上がり続けることはありません、いつか下がりますし
下げは急激に起こります。


それは過去を振り返ってもあきらかですし、将来も必ず起こる
出来事なのです。


その時こそ自分が今まで得ていなかった新しい知識を得る機会が
来たのだと思える人こそが、次のチャンスに結果を出していける
のだと思います。




人気ブログランキングへ


「今回の記事が役に立った!」という場合にはランキング
ボタンをクリックしていただけると嬉しいです。


日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン(無料)では
ブログには書けない運用ノウハウや期間限定の情報を配信しています。


こちらも併せて読んでいただければ、成功する投資家へと
さらに近づけますので、今すぐ登録しておきましょう。