いつも応援ありがとうございます。 人気ブログランキングへ 


べn


上場企業8つのタイプについて」の記事をご覧になった読者様
より、残り4つのタイプについても是非教えてくださいという
メールをいただきました。


ブログに掲載した当時はメルマガ読者獲得のため、ブログに掲載
していない4つのタイプ


高配当株、資産株、割安株、業績回復株はブログに掲載していま
せんでしたが、公開しようと思います。


説明は長くなるため2回にわけますが、最後まで読んでみてくれ
たら嬉しいです。


5 高配当株

   
こちらは文字通り、株価に対する配当金の利率が高い株になります。


普通、配当利回り「(配当金÷株価)×100」は1〜2%台の株が大半
ですが、3%を超える株もあります。


そういった株に投資して、配当金をもらい続けるスタイルの投資です。


(配当金プラス株主優待を目的に投資している人も含む。)


会社四季報では、配当欄を見ればすぐに判断できます。


私は高配当株が好きで、保有している銘柄もわりと多いです。


その理由ですが、配当金を多く出せる会社イコール利益を毎年出して
いる会社とも判断できるからです。


その他にも、割安株と同じく高配当株は相場下落時も株価が比較的
安定しています。


長期で資産運用を考えている方は、リターンよりもリスクが比較的低
めの株を保有してみてください。


成長株とは反対に、過去の業績が堅調な銘柄は、株価も比較的安定
しており保有していて安心感があります。



6 資産株


会社が保有している資産(工場、土地など)よりも株の時価総額が
低くなっている株になります。


PBRが1倍以下の株になりますが、市場が企業価値を適正に評価
された時、株価が上がっていきます。


会社四季報では、財務欄の時価総額と総資産額を見て、総資産の
ほうが大きい場合、資産株だと判断できます。


つまりPBR1倍以下で買い、1倍になった時に売るという比較的
わかりやすい投資先です。



しかし、投資期間に対するリターンが低いのも、資産株の特徴でも
あります。


次回に続く・・・


今回のブログが役に立った!」という場合はランキングボタンも
一緒にクリックしていただければ嬉しいです。



株式 ブログランキングへ


アークランドサービス(3085)で1,000万円の利益を達成した!
最新の投資ノウハウが詰まったレポートを今なら無料プレゼント中!