いつも応援ありがとうございます。 人気ブログランキングへ 


計算


以前の記事でも書きましたが、1990年以前は定期預金だけでも金
利が6%とか8%もあり、100万円を10年預けたら元本が1.5倍くら
いになっていました。


このような高い金利かつ元本が保証されていた時代であれば、無
理なリスクをとらなくてもお金が増えていきました。


しかしバブル崩壊以降はGDP成長率とともに金利も低下し、私が
高校生くらいの頃には2%台に。


社会人に入った頃には0%台となってしまいました。


さらに2016年度は日銀が史上初となるマイナス金利を導入。


安全資産の定期預金や国債の金利がさらに急降下しました。


個人向け国債の金利は固定3年、5年、変動10年とも0.05%となっ
ており、どの期間でも一律同じ金利です。


100万円を預けても年間500円の利息しかもらえず、さらにそこか
ら20%の税金をひかれると400円しか残りません。


10年預けても、たかが数千円という金額です。


今後、人口減少、少子高齢化社会の到来により、GDPがマイナス
成長となる時代がやってくる可能性も考えられます。


そうなったとき、定期預金の金利もおそらくゼロになっているで
しょう。


残念ながら、お金を預けるだけで元本が保証されながら増える時
代は終わりを告げます。


歴史の流れを見ていくと、これは必然でもあります。


あなたは、その準備が出来ていますか?


多分、20代など若い世代はその覚悟というか、日本の将来が明る
くないというのを薄々ながらも感じているようです。中には強く
感じている人もいるでしょう。


逆に、50歳以上の方は、その認識が甘いのかなという印象があり、
金融広報中央員会調査による世代別金融資産額では、50代で平均
2000万円弱、中央値は1100万円という結果でした。


1100万円で満足のいく老後が送れるというイメージはないでしょ
う。


2016年以降はリスク資産での運用を取り入れていかないと資産が
増えることはありません。


そこで私から提案したのが「まずは100万円で5つの高配当株を買
いましょう
」ということです。


(高配当株とは、株価に対する配当金の利回りが高い株のことを
指します。0%台〜2%が普通ですが、2%台後半から3%、中には
5%前後の株式も存在しています。)


なぜ高配当株なのかと言えば、


1 バブル時代の安全資産並みの配当利回り


2 高配当株はリスクが比較的低い


3 配当金と売却益で儲けられる



などのメリットがあり、投資の初心者向きだからです。


まず1点目の配当利回りについて。


配当利回りとは、株価に対する配当金のパーセンテージを表した
ものです。


具体的に株価が1000円で1株配当金が30円の株式の配当利回りは
3%となります。


安全資産と株式という違いはありますが、投資額の一部が定期的
に入ってくるという意味では同じです。


高配当株は国債や定期預金では考えられないような高い利回りが
もらえます。


2点目 高配当株はリスクが比較的低いことについて。


もちろん株式投資はリスク商品ですから、定期預金や国債と違って
元本目減りリスクや、投資先が倒産することで、ゼロになるという
怖さもあります。


投資先を一つずつ選定していくことで、倒産リスクはほぼゼロまで
減らせますが、元本が目減りするリスクは減らせません。


企業がしっかり儲けていても、市況や突発的な悪材料で大きく下落
する局面もあります。


そういったタイミングでも、高配当株は配当利回りの高さが株価下
落のブレーキをかける役目を果たします。


先ほどの事例を出すと、配当利回り3%だった会社の株価が下落し
て750円にまで下がったとします。


すると配当利回りが4%まで上昇するため、配当利回りの高さに注目
した投資家が新たな買いを入れて、株価の回復が早いという特徴が
あるのです。


高配当株は他の株式(成長株や業績回復株)と比べて株価変動幅や
株価の下落リスクが低く、安心して保有を続けられるメリットもあ
ります。


3点目 配当金と売却益で儲けられる


安全資産と投資の一番の違いが、ここです。


国債や定期預金は債権に投資するため、予め金利が決まっている一
方、会社がいくら儲かっても、受け取れる利息は1円も増えません。


ところが株式への投資は出資金に分類されるため、投資先の企業が
利益を増やせば増やすほど株式価値が上昇し、株価も上がります。


さらに配当金も増えるケースが多く(配当金が増えることを増配と
言います。)


成長を続ける株式に投資すれば、5年、10年というタイムスパンで
は元本が1.5倍どころか2倍以上になる可能性も十分あります。


売却益も含めれば、株式投資のリターンは安全資産と別次元です。


次回のブログでは具体的な投資法を書いていきます。


関連ブログ記事  正しい投資アドバイザーの選び方


今回のブログが役に立った!という場合はランキングボタンも一緒
にクリックしていただければ嬉しいです。



応援のやり方は、私のブログにある「人気ブログランキングへ」と
書かれた文字をクリックするだけです。


応援が多いと、執筆活動の励みにもなります。


読者様が何か登録するなどの必要はありません。


日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン』も配信中。