いつも応援ありがとうございます。人気ブログランキングへ


semi6


読者様から以下の質問をいただきました。


初めまして、☆☆と申します。

坂本先生の書籍を読み初めまして、大変勉強になり
お礼のメールをとおもいメールしました。

このような素晴らしい本を書いてくださいまして、
これからの株投資の励みとなりそうです、

そこで質問なのですが、
私もファンダメンタルはすこしはわかるのですが
企業の本質的価値の算出方法がこの書籍には載っていませんでした。

きっと多くの情報量となるためだと思われますが、
先生のおっしゃいます企業の本質的価値の算出方法を
ざっくりと教えていただけないでしょうか。

突然のメールご容赦ください。


とのことでした。


返信させていただいたのですが、同じように考えていた読者様が
いるかなと思い、返信した文面を加筆修正して下記に添付いたし
ます。



ご連絡いただきました件ですが、本質的価値の算出方法で通常使
う方法はDCF法(ディスカウントキャッシュフロー法)というや
り方なのですが、正直非常にややこしいです。


DCF法では、お金の時間的価値を考慮して投資とキャッシュフロ
ーの関係を考えます。


100万円を今すぐもらい、それを即座に銀行に預ければ、1年後に
は利子がついて返ってきます。銀行の利子が1%だとすれば、1年
後には今の100万円は101万円になります。


では、1年後の100万円は今の価値ではいくらになるでしょうか?


それを計算する方法がDCF法です。計算方法は、


100/(1+0.01)=約99.01万円 となります。


この例で使った利子のことをDCF法では割引率といいます。


2年後、3年後の100万円を知りたい場合、分母を2乗、3乗するこ
とで計算できます。


しかし、ご存知の通り配当金や企業の収益率は毎年変動します。


定期的にに計算しなおす必要があるため、個人投資家向けではあ
りません。


そのため、本書では企業の割安度を図る指標を中心に採り上げて
います。


また、企業の本質的価値に関しては「バフェットの財務諸表を読
む」に書かれている内容をチェックするのが、一番しっくりくる
かなと思いました。


この本では損益計算書、貸借対照表、CF計算書など、決算短信の
読み方についても書かれているため、役に立つかなと思います。


以前「決算短信の読み方について」動画を作ったことがあります。


参考になりましたら。

   
関連ブログ記事


市況と業績、2つの要素からくる最も上昇する株


ブログが役に立ったという方は、ブログランキングへ応援
のクリックをいただければ幸いです。



応援のやり方は、私のブログにある「人気ブログランキングへ
と書かれた文字をクリックするだけです。


応援が多いと、執筆活動の励みにもなります。


読者様が何か登録するなどの必要はありません。


書籍 画像3

12月1日から全国の書店及びインターネット書店で販売開始され
ました書籍「小売お宝株だけで1億円儲ける法」


出版記念として私の書籍を購入していただいた方限定に、5大特典
をもれなくプレゼント
いたします。


詳しくは『キャンペーン特設ページ』をご覧ください。