いつも応援ありがとうございます。人気ブログランキングへ


6301s



コマツの株価が急騰しています。


6月は2600円台だった株価が9月に3000円台突破。


10月に入り、さらに加速しており、3700円台まで上昇が続いてい
ます。



このタイミングは日経平均株価が史上最長の16連騰と重なったこ
ともありますが、他にも米キャタピラーの決算が好調だったため、
連想買いによる影響もあったと思われます。


同社を保有したのは2012年9月、業績の伸びに比べて株価が1500
円と、かなり低かったこと。


国際的な優良企業がPER12倍台、割安だと判断して購入しました。


そこから数年、業績が回復せず、成長を見越して買ったつもりが、
いつの間にか高配当株という位置付けになっていました。



ようやく結果が出てきたのは嬉しいですが、その一方で不安要素
もあります。


それは、同社が典型的な景気敏感株ということ。


景気敏感株とは、その名の通り、景気動向によって業績が大きく
変動するため、景気と株価が連動しやすいのです。


つまり、同社の業績、株価が絶好調ということは、景気が本格的
に回復してきたと判断できると同時に、一方では天井が近づいて
きたとも感じるのです。


ちなみにコマツの最高値は2007年につけた4000円台です。


その後、2007年後半に発生したサブプライムローン問題、


2008年には経済歴史上でも最大級のリーマンショックという危機
が起こり、株価は700円台まで暴落していきました。



そこから10年かけて、ここまで復活してきたわけですが、あの時
の惨状や株価の推移を振り返ると、


一部を利益確定し、リバランスしてもいいのかなと感じます。


関連記事 10倍株投資の実践理論を読んでみた。これは良書


ブログが役に立ったという方は、ブログランキングへ応援
のクリックをいただければ幸いです。



応援のやり方は、私のブログにある「人気ブログランキングへ
と書かれた文字をクリックするだけです。


応援が多いと、執筆活動の励みにもなります。


読者様が何か登録するなどの必要はありません。


【 アークランドサービス(3085)で1000万円の利益達成! 】
投資ノウハウが詰まったレポートを今なら無料プレゼント中!