いつも応援ありがとうございます。人気ブログランキングへ


12月29日の日経新聞に、2017年上がった株下がった株という記事
がありました。


それによると、上昇率ベスト3は


1 北の達人コーポレーション(2930)+1,025.2%

2 ペッパーフードサービス(3053)+798.7%

3 アイケイ(2722)+765.9%



上昇率トップの北の達人コーポレーションは健康美容食品や化粧
品のネット通販会社。


ペッパーフードサービスは飲食店「いきなりステーキ」などを運
営し、株価急騰の要因については動画を作成したほどです。


アイケイも通信販売事業及び生協向け販売が主力です。


3社ともに共通点があるとすれば、小売や飲食など、消費者向け
のサービスを提供している会社なのです。



小売サービス業は著書「小売お宝株だけで1億円儲ける法」(日
本実業出版社)でも書いたとおり、個人投資家でも投資対象に選
びやすい業種です。


そのため今回は、2018年にブレイクしそうな注目の小売・サービ
ス業銘柄を紹介いたします。


飲食店については、既存のサービスで成果を出しつつ、新業態へ
進出している会社の中で、ピン!ときたものを選びました。


1 東和フードサービス(3329)


高級喫茶店(椿屋珈琲)が主力の外食チェーンですが、2017年よ
りお好み焼きと鉄板ステーキを提供する新たな業態「こてがえし」
をオープン。


健康志向に加えて単価の高いステーキを扱うことにより客単価を
1500円程度から2倍の3000円程度へと倍増しているそうです。


現在、2店舗のみですが、今後の出店計画にも注目。


2 柿安本店(2294)


三重地盤で松坂牛を卸・販売している同社。


堅実経営という言葉が当てはまる会社ですが、地味な株価が続い
ておりました。


しかし、新業態の柿安MeatExpressがイオンのフードコート中心
に出店開始。


柿安 ローストビーフ丼

(画像は柿安のローストビーフ丼)


2017年後半から業績が一気に伸び始め、9月まで1,900円台だった
株価が現在3,000円台と急騰しています。


3 竹本容器(4248)


化粧品・食品向けプラスチック容器専業メーカー。定番とオリジ
ナル2種類の金型を作れるのですが、近年、化粧品会社の株価高
騰が目立ちます。


販売増加とともに、容器の金型メーカーである同社も業績順調で
す。


11月には上方修正と増配を発表も、今のところ株価に大きな反応
はありません。


出遅れ銘柄だとしても、今後反応してくる可能性が高いため、要
注目です。


参考動画 ペッパーフードサービス(3053)わずか1年で株価10倍!
その要因と、次の大化け株を掴むためのポイントを解説



※今回紹介した銘柄は成果を保証するものではありません。
投資の結果は自己責任にてお願いいたします。



ブログが役に立ったという方は、ブログランキングへ応援
のクリックをいただければ幸いです。



応援のやり方は、私のブログにある「人気ブログランキングへ
と書かれた文字をクリックするだけです。


応援が多いと、執筆活動の励みにもなります。


読者様が何か登録するなどの必要はありません。


【 アークランドサービス(3085)で1000万円の利益達成! 】
投資ノウハウが詰まったレポートを今なら無料プレゼント中!