いつも応援ありがとうございます。人気ブログランキングへ


ph_detail02


株を続けていくと、必ずと言ってよいほど急落相場に遭遇します。


保有株の含み益が数日で100万円単位で減少していくため恐怖を
感じます。


私も初めて100万円を超える損失を出したのが忘れもしない2006
年1月、ライブドアショック時です。



その当時の私は2005年初は400万円だった資金が年末には750万円
まで膨らみ、独立資金を真面目に株で作ろうと思っていました。


2006年度は1000万円まで増やそうとしていましたが、今から思え
ば資産のすべてを株につぎ込むのは間違いです。


2006年1月早々、ライブドアショックが起こり新興株をいくつも
保有していた私は2日で150万くらい損を出してしまいました。


この時は本当に人生が終わったのかと、数日呆然となった記憶を
今でも覚えています。


結局はこの経験はその後の教訓に活かされておりますが、今のあ
なたは間違った銘柄を保有していないという自信がありますか?


相場や経済は時代と共に変化しますし、テクノロジーの進歩はま
すます加速しています。


しかし、市況が急落する、不景気入りする場面は今後も必ずと言
ってよいほど起こるでしょう。


2018年2月6日、ダウ工業株30種平均の終値が過去最大の下げ幅
(1100ドル)を記録した翌日の日経平均株価は急落。


一時的に下げ幅は一時1600円を超えました。


金利上昇を背景とした先週末からの米国市場の株価急落が連鎖的
な株安に発展しました。


記憶に新しいとは思いますが、それでも勝つ個人投資家は常に存
在します。


そうなるためには、投資の経験と知識から生み出される知恵やノ
ウハウ、アイデア、投資法を活用しなければ勝てません。



厳しいようですが、株でお金を稼ぐ、富を得ることは仕事や勉学
と同じように簡単ではありません。


ですが、簡単ではない。楽して資産形成はできないとわかれば株
の恐怖感は減り、上手く付き合っていけるようになります。



関連記事 長期投資するなら「中期経営計画」をチェックしよう


ブログが役に立ったという方は、ブログランキングへ応援
のクリックをいただければ幸いです。



応援のやり方は、私のブログにある「人気ブログランキングへ
と書かれた文字をクリックするだけです。


応援が多いと、執筆活動の励みにもなります。


読者様が何か登録するなどの必要はありません。


【 アークランドサービス(3085)で1000万円の利益達成! 】
投資ノウハウが詰まったレポートを今なら無料プレゼント中!