【 アークランドサービス(3085)で1000万円の利益達成! 】
投資ノウハウが詰まったレポートを今なら無料プレゼント中!

   
1月28日発売の日経新聞によりますと、小売業主要60社の増益率
を調べたところ、業界ごとの増益率に大きな差が出ているとの記
事がありました。


具体的には、ドラッグストア、ホームセンターは9割が増益の一
方、アパレル業界の増益率は5割、百貨店は4割だそうです。



投資先に選ぶとしたら、ドラッグストアやホームセンターになる
わけです。


こんなにも差が開く理由についてですが、ネット販売に負けない
強みがあるか否か?だそうです。



例えばドラッグストアの場合、食料品などネット通販しにくい商
品を扱い、さらに安値販売で集客。


そのうえで利益率の高い医薬品、化粧品を販売することで利益を
稼ぐのです。


実際、ドラッグストアは各社独自のポイントシステムや特売日を
作っています。


冷凍食品なら半額など、大手スーパー以上に安い商品もあります
よね。


化粧品であれば試供品のプレゼントや、その場で試すこともでき
ます。


また、医薬品はネットで販売できないものも多く、実店舗ならで
はの強みもあります。



一方、アパレル(洋服やスーツ)はそういった戦略ができません。


百貨店も同じくアパレルが不振で足を引っ張っている要因の一つ
だそうです。


いや応なく押し寄せるネット化の大波を前に、実店舗の魅力を磨
いたり、ネット販売の取り込みを高める施策が欠かせないとのこ
とでした。


ブログが役に立ったという方は、ブログランキングへ応援
のクリックをいただければ幸いです。



応援のやり方は、私のブログにある「人気ブログランキングへ
と書かれた文字をクリックするだけです。


応援が多いと、執筆活動の励みにもなります。


読者様が何か登録するなどの必要はありません。