【 アークランドサービス(3085)で1000万円の利益達成! 】
投資ノウハウが詰まったレポートを今なら無料プレゼント中!

   
ソニー(6758)は8日、1000億円を上限とする自社株買いを発表
しました。



株主還元を目的とする自社株買いは初なのですが、翌日の株価は
一時、7%高まで上昇しました。


自社株買いとは、既存株式を買い付けるため、発行株式数の減少
に伴い、一株利益が増えます。


株主にとっては株式価値が高まる材料となり、翌日の株価は取得
株数以上に株価が好反応を示します。



自社株買いのメリットとしては、先ほど挙げた一株利益という直
接的な向上の他、


・株価下支え


・株価が割安だと経営陣が判断している



などの間接的な好材料があります。


その一方、自社株買い決定を裏読みすると、


・成長余地の減少


・株主が還元にうるさいから仕方なく



といった消極的姿勢からの決断という要素もあるのです。


ここまで成長路線一本槍で突き進み、2014年の営業利益264億円
から2018年度は7348億円まで劇的回復を果たした同社。


4月に就任した吉田新社長は短期的な利益成長を追わず、中長期
的に「稼ぐ力」を引き上げる方針を鮮明にしました。



(実は、ソニーはシェアや利益目標を達成しようと短期的な施策
を続けた結果、業績の急変動を続けてきた苦い過去があります。)


近年は、売り切り型だけではなく、ストックビジネス型も重視
しています。


成長はひと段落し、次は安定収益のステージに移っていくのでし
ょうか?今後に注目です。



関連記事


自社株買いとは何か?自社株買いのメリットや株価との関連性を
わかりやすく解説しました

https://youtu.be/eWGOKxMgWik


増配や自社株買いする会社を事前に見つける方法とは?

https://youtu.be/dem6XvXrVbI


ブログが役に立ったという方は、ブログランキングへ応援
のクリックをいただければ幸いです。



応援のやり方は、私のブログにある「人気ブログランキングへ
と書かれた文字をクリックするだけです。


応援が多いと、執筆活動の励みにもなります。


読者様が何か登録するなどの必要はありません。