【 アークランドサービス(3085)で1000万円の利益達成! 】
投資ノウハウが詰まったレポートを今なら無料プレゼント中!

   
4月27日(土)から5月6日(月)にかけて史上初の10連休が予定
されています。



そのため日本市場も異例の10連休となるのですが、連休のリスク
と対策について触れておきます。


まず想定されるリスク。


日本はお休みですが海外市場は通常通り稼働しているため、海外
発の悪材料が発生しても日本株は放置しかできません。


特に気になるのがNYダウの急落と為替ですね。



株式の場合、連休明けの急落が怖い。


5月1日は米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果が公表。


経済指標では4月30日に中国製造業の景況指数、5月3日には米国
雇用統計が発表されます。


統計がマーケット予想を大きく下回れば当然NYダウも下がります。


大きく下げ続けても、指をくわえながら傍観するしかありません。


信用取引などしていようものなら、連休が苦痛でしかなくなりま
す。


そのため、連休前にかけて解消売りが膨らみ、大幅上昇は期待し
にくいです。


また例年、4月末から5月15日にかけて日本企業の本決算発表が相
次ぎます。



ですが、今年は連休が長く好業績期待の先回り買いがしにくく、
どちらかと言えば決算発表後の買いが有効だと思います。



続いて為替。大きく動くのは決まって日本がお休みのタイミング
です。


年初にドル円相場が104円に急騰したのは正月休みでしたし、昨
年米国がシリアを攻撃したのも夜中未明でした。


輸出関連株も短期狙いでの保有はしにくいですね。


ただ、連休明けに大きく下げた場合、連休前も株が売られるとい
うのが大方の見方なので、下落率が大きい株は絶好のチャンスで
もあります。



10連休による各証券会社の対応はまちまちですが、特需が発生す
る関連株(旅行会社、テーマパーク、商業施設、運輸関連、宿泊、
外食など)は事前買いも一つの手かと。


ブログが役に立ったという方は、ブログランキングへ応援
のクリックをいただければ幸いです。



応援のやり方は、私のブログにある「人気ブログランキングへ
と書かれた文字をクリックするだけです。


応援が多いと、執筆活動の励みにもなります。


読者様が何か登録するなどの必要はありません。