□金利低下で配当利回りが「逆転」
株と債券どっちがいいのか


2007年11月13日の長期金利が一時1.5%を
割り込み、1.485%にまで下がった。

この水準は日本銀行が量的緩和政策を解除
する前の06年1月以来、約1年10か月ぶりの
低水準だ。

その一方で、東京証券取引所に上場する
企業の予想配当利回りが1.53%にまで
上昇した。

配当利回りは予想配当金を株価で割って
計算するので、株価が急落した影響を
受けた。

しかし、長期金利と配当利回りとの「逆転」
は05年7月以来の、これもめずらしい現象だ。

(以上 Yahooニュースより抜粋)

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ ←その他厳選銘柄情報はコチラから

株で儲ける黄金法則とは・・・?





最後の株式投資マニュアル ブログTOPページへ