日本株投資家 坂本彰【公式】ブログ

2009年10月、130万円だった株式資産は2015年に5000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億円に。

ウォーレンバフェット

ウォーレンバフェット氏から学ぶ 運用方針3つの柱

いつも応援ありがとうございます。人気ブログランキングへ


ウォーレンバフェット氏は株式投資をする人であれば是非知って
おきたい投資家の一人です。



氏はアメリカの投資家で、世界最大の投資持株会社であるバーク
シャー・ハサウェイの筆頭株主であり同社の会長兼CEOを務めて
います。


長期投資を基本スタイルとし、長期間に渡って同社に高い運用成
績をもたらしており「オマハの賢人」とも呼ばれています



その運用方法や投資の格言は、多くの個人投資家の指針となって
いますが、今回はその中で感じた3つの気づきをお伝えします。





「坂本彰の日本株チャンネル」


今後も有益なノウハウを動画でも配信していきますので、見逃し
たくない方は、チャンネル登録を。



過去の人気動画や投資の実績もご覧になれます。


チャンネル登録がまだの方は、今すぐ登録を。


ブログが役に立ったという方は、ブログランキングへ応援
のクリックをいただければ幸いです。



応援のやり方は、私のブログにある「人気ブログランキングへ
と書かれた文字をクリックするだけです。


応援が多いと、執筆活動の励みにもなります。


読者様が何か登録するなどの必要はありません。


【 アークランドサービス(3085)で1000万円の利益達成! 】
投資ノウハウが詰まったレポートを今なら無料プレゼント中!

ウォーレンバフェット氏の投資戦略から気づいたこと

いつも応援ありがとうございます。 人気ブログランキングへ 


bafe


「バフェット 投資の王道」ダイヤモンド社
「バフェットの教訓」徳間書店



久しぶりに2冊のバフェット本を読み返してみました。


ウォーレンバフェット氏は株式投資をする人であれば是非知って
おきたい投資家の一人です。



氏はアメリカの投資家で、世界最大の投資持株会社であるバーク
シャー・ハサウェイの筆頭株主であり同社の会長兼CEOを務めて
います。


アメリカの経済誌「フォーブス」が発表する世界の個人資産番付
では1〜2位の常連でもあります。


長期投資を基本スタイルとし、長期間に渡って同社に高い運用成
績をもたらしており「オマハの賢人」とも呼ばれています。



その運用方法や投資の格言は、多くの個人投資家の指針となって
いますが、今回2冊の本を読んで感じた3つの気づきをお伝えいた
します。


その1 バリュー投資


バリュー投資とは、現在の株式価値が株価に比べて割安なのかを
見極め、割安ならば保有するという戦略です。


バリュー投資をする際に重要なことは決算短信や会社が発表する
「資料」や、実際に企業の商品やサービス、利益の源泉を「調査」
することです。


バリュー投資家は、まず第一に株式選びに情熱をかけており、そ
の中からバーゲン価格で売られている会社を探そうとします。


その2 逆張り投資


逆張り投資とは、株価が下落傾向もしくは急落した時に株を買う。


株価の方向性、トレンドとは真逆の行動をする投資です。


氏は、人と逆の行動をとることの重要性を説明しており、


「我々がすべきことは単純だ。他人が強欲な時に臆病になり、他
人が臆病な時に強欲になればいい」


という格言も、それをわかりやすく表現しています。


また実際に、優良な企業の悪材料やニュースが報道されたときに
大規模な買いを行ってきました。


ディズニー、ワシントンポスト、コカ・コーラ、アメックスなど
はその後莫大な利益を生みましたし、毎年入る配当金も相当な金
額になっています。


その3 長期的価値


バフェット氏が投資をする上で最も重視しているポイントが、企
業が生み出す利益の永続性です。


企業が利益を生み出す限り保有を続ける「永久保有戦略」は有名
ですが、大半の投資家が意識する四半期や年間のパフォーマンス
やリターンを全くと言っていいほど無視しているのです。


これは、かなり凄いです。


私もそうですが、1年後の利益を考えずに投資が出来るからこそ、
永久保有戦略が実現できるのだと思います。


個人投資家は永久保有する必要はありませんが、投資哲学を知
るだけでも、投資の考え方が一変するはずです。


関連ブログ記事  師匠を探そう


今回のブログが役に立った!という場合はランキングボタンも一緒
にクリックしていただければ嬉しいです。



応援のやり方は、私のブログにある「人気ブログランキングへ」と
書かれた文字をクリックするだけです。


応援が多いと、執筆活動の励みにもなります。


読者様が何か登録するなどの必要はありません。


分散投資を薦める理由

いつも応援ありがとうございます。 人気ブログランキングへ 


コイン


投資に関する書籍を読んでみると、分散投資を薦めているほうが割合
多いと思います。



しかしウォーレンバフェット氏を始めとする著名投資家はある銘柄へ
の集中投資で財を成したケースがよく紹介されます。



偶然にも、私が今読んでいる本も集中投資を推奨する内容となってお
りますが・・・


株をする場合、個人的には分散投資をお薦めしています。


その理由ですが、大きく分けて3つあり


・個人的な経験からのアドバイス


・集中投資は精神的にキツイ


・投資に絶対はないこと



があります。


まず私自身の経験から言わせていただけば、株式投資をスタートさせ
て一度の投資で大きく成長していく株を掴むことに加え、それを保有
し続けるのは非常に難しいと思います。


そもそも投資を始めたばかりの頃は経験値が圧倒的に少ないため、果
たしてどれが本当に成長株なのか?有望株なのかがわからないと思い
ます。



「過去のチャートや株価推移を見れば一目瞭然では?」とご指摘を受
けそうですが、実際株を買うとそう簡単にはいかないのが投資です。


保有中は常にお金を損するという不安が付きまといますし、現実に株
価が下落して初めて「リスク」の意味が体感できます。


集中投資は精神的にキツイですし、いくら信じて理解している株でも
投資に絶対はありません。



自信があっても1銘柄への集中投資はせず、5銘柄程度へ分散投資をし
た方が良いでしょう。



5銘柄に分散投資をすることで、各銘柄の値動き、業績推移などの変
化を比較でき、集中投資と比べより多くの経験を積むことができます。


その中で本当に強い株を見つけた後、特定の銘柄へ投資割合を増やし
たほうが良いと思いますし、


私も最初は1単位のみ購入し、その後業績推移を確認しながら何度も
買い増しして少しずつ買い集めて保有株を増やしています。



現在、20銘柄以上を保有していますが、お陰様で結果は出ています
し、保有株の中からさらに有望な株は、保有株数を増やしながら、
それに比例して利益も増大していきました。


それに、100万、200万を1度に投資することはほぼありません。


例外的に1株が1万円を超える株や1000株単位の場合、100万円を超え
る投資になりますが、10万円の投資と違って、より慎重に判断します。


その投資先やタイミングが間違っていた場合、損を確定させるにせよ、
持ち続けるにしろ、金額が大きくなるからです。



多くの個人投資家は、いつか保有株を売る時期がやってきます。


保有期間が10年以上〜数十年という投資家は非常に稀ですし、資産を
住宅の購入、リフォームや教育費に使う時がやってくるからです。


そういう時を考慮しても、集中投資よりも分散投資のほうが、どの株
を売り、どの株を持ち続けるかの判断しやすいです。



投資はリスク商品であるという意識を忘れないよう慎重に取引、保有
をしていきましょう。


意外なようですが、儲けようとするより、損をしないことを意識した
投資のほうがリターンは高いように感じます。


今回のブログが役に立った!」という場合はランキングボタン
も一緒にクリックしていただければ嬉しいです。



株式 ブログランキングへ


アークランドサービス(3085)で1,000万円の利益を達成した!
最新の投資ノウハウが詰まったレポートを今なら無料プレゼント中!

バフェット氏「ドルは今後10年間、需要が減少へ」


バフェット氏「ドルは今後10年間、需要が減少へ」



著名投資家バフェット氏がインタビューにて
「ドルの需要は今後減少するものの
急激な下落になるかどうかはわからない」

とコメントされたそうです。

また、ダウが9000ドル水準であれば、国債よりも
株の保有を好むとも発言されました。


サブプライム問題以降の投資市場はドルが紙幣を
刷りまくって暴落するということが多々噂されます。

確かに世の中に出回る紙幣が増えすぎれば価値が下がり
インフレになりやすくなります。

それと同時にドルの価値も他国の通貨と比べて下がります。


このことを色んなメディアで強調しているのですが
これは全体の一部を取り上げでいるだけだと私は感じています。

実際にはドルが回復しなければサブプライム問題
以前の世界経済には戻りません。

いくら新興国が頑張っても、米国のGDPや消費に
追いつくまでには数十年以上かかるからです。



米国は通貨の量を増やしていますが、米国債は
中国、日本など世界中の国が今でも買い続けています。

今まで米国の旺盛な消費(貿易赤字)で多くの国が
潤ってきたのは事実ですし、日本ももちろんそうです。

その米国が傷ついている時に、応援してあげるのは
当然ではないでしょうか?


世界中が米国債を買っており、ドルが暴落すれば
世界はパンクするという極論もでておりますが、
実際には通貨に代わるものはありません。

発言している人も報酬はお金で貰っているはずですし
結局は陰謀論なのかなと感じてしまいます。

逆に今後、超円高になった時にドルや輸出関連株を
底値で仕込んだほうがのちのち儲かるのではと
思います。


世の中、小さな変化は多すぎるほどありますが
根本的な心理や歴史は繰り返しばかりです。


話はそれましたが、バフェット氏の発言では他にも


「この先、インフレの可能性があるが、
 バーナンキ米FRB議長は、正しい仕事をしている」
「ドルは、今後10年間にわたり、今より需要が減少へ」
「バーナンキ米FRB議長以外に適任者はいない」
「株への投資は、景気回復を待てない」
「ダウ9000ドルでは、国債よりも株の保有を好む」



というコメントがありました。


株への投資は、景気回復を待てないという言葉は特に
印象深いですね。

群集心理と膨れ続ける投資マネーの流れを感じる発言です。


他にも株式投資について知りたい方は
このレポートを読んでみてください。


人気ブログランキングへブログランキング挑戦中です。応援クリックお願いします

プロフィール
株式会社リーブル代表取締役
坂本 彰(さかもと あきら)

サラリーマン時代に始めた株式投資から多くの失敗と経験をし、株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。

平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。

著書に「小売お宝株だけで1億円儲ける法」(日本実業出版社)「60歳から10万円で始める高配当株投資術」「10万円から始める高配当株投資術」(あさ出版)がある。

メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。

投資助言・代理業(投資顧問業)近畿財務局長(金商)第356号
一般社団法人日本投資顧問業協会加入 会員番号 022-00264号

雑誌掲載、出版等のご依頼がございましたら下記メールアドレスまでご連絡をお願いいたします。折り返し返信させていただきます。

kabu@toushi01.com
メディア掲載履歴
日経ヴェリタス
日経ヴェリタス4月8日号

ダイヤモンドザイs 2018年4月号
ダイヤモンドザイ2018年4月号

週刊ポストs 3月2日号
週刊ポスト3月2日号

週刊ポストs 29
週刊ポスト2月9日号

日経ヴェリタス
日経ヴェリタス12月31日号

ダイヤモンドザイs
ダイヤモンドザイ2018年2月号

カリスマ投資家たちのs
カリスマ投資家たちの株式投資術(KADOKAWA)

BIGtomorrow増刊号s
BIGtomorrow増刊号

ダイヤモンドザイs
ダイヤモンドザイ2017年9月号

日本の投資家億万長者
日本の投資家億万長者列伝 宝島社

yenspa
Yen SPA!2017年夏号

高配当株投資術 日経新聞s
2017年5月23日 日経新聞

BIGtomorrow s
BIGtomorrow2017年5月号

ダイヤモンドザイ 2017年6月号s
ダイヤモンドザイ2017年6月号

BIG 増刊号s
BIGtomorrow2017年5月号増刊

BIG-s 2017-5
BIGtomorrow2017年5月号

週刊ポストs
週刊ポスト2月3日号

BIG 2017-3s
BIGtomorrow 2017年3月号

2016年度以前の掲載履歴はこちらから

  • ライブドアブログ