日本株投資家 坂本彰【公式】ブログ

2009年10月、130万円だった株式資産は2015年に5000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億円に。

コマツ

コマツ(6301)株価好調だが、素直に喜べない理由とは?

いつも応援ありがとうございます。人気ブログランキングへ


6301s



コマツの株価が急騰しています。


6月は2600円台だった株価が9月に3000円台突破。


10月に入り、さらに加速しており、3700円台まで上昇が続いてい
ます。



このタイミングは日経平均株価が史上最長の16連騰と重なったこ
ともありますが、他にも米キャタピラーの決算が好調だったため、
連想買いによる影響もあったと思われます。


同社を保有したのは2012年9月、業績の伸びに比べて株価が1500
円と、かなり低かったこと。


国際的な優良企業がPER12倍台、割安だと判断して購入しました。


そこから数年、業績が回復せず、成長を見越して買ったつもりが、
いつの間にか高配当株という位置付けになっていました。



ようやく結果が出てきたのは嬉しいですが、その一方で不安要素
もあります。


それは、同社が典型的な景気敏感株ということ。


景気敏感株とは、その名の通り、景気動向によって業績が大きく
変動するため、景気と株価が連動しやすいのです。


つまり、同社の業績、株価が絶好調ということは、景気が本格的
に回復してきたと判断できると同時に、一方では天井が近づいて
きたとも感じるのです。


ちなみにコマツの最高値は2007年につけた4000円台です。


その後、2007年後半に発生したサブプライムローン問題、


2008年には経済歴史上でも最大級のリーマンショックという危機
が起こり、株価は700円台まで暴落していきました。



そこから10年かけて、ここまで復活してきたわけですが、あの時
の惨状や株価の推移を振り返ると、


一部を利益確定し、リバランスしてもいいのかなと感じます。


関連記事 10倍株投資の実践理論を読んでみた。これは良書


ブログが役に立ったという方は、ブログランキングへ応援
のクリックをいただければ幸いです。



応援のやり方は、私のブログにある「人気ブログランキングへ
と書かれた文字をクリックするだけです。


応援が多いと、執筆活動の励みにもなります。


読者様が何か登録するなどの必要はありません。


【 アークランドサービス(3085)で1000万円の利益達成! 】
投資ノウハウが詰まったレポートを今なら無料プレゼント中!

大化け株に繋がる2つの条件とは?

いつも応援ありがとうございます。人気ブログランキングへ


お宝株


投資を15年も続けていると、株価が何倍にもなる銘柄には、いく
つかの共通項やパターンがあると感じます。


主に2つのパターンがありますが、箇条書きにすくと、


  ・業績回復株


  ・小型株から大型株へ


という成長パターンに大別できます。


一つ目の業績回復株ですが、こちらは赤字から黒字へ業績が回復
する。

   
もしくは不景気から好景気に入り、株価も元に戻るという形です。


銀行や自動車などの市況関連株にこのパターンが多く、例えば
マツ(6301)。


2007年までは業績好調で、株価は4,000円台をつけていた時もあ
りました。


しかしサブプライムローン当りから株価は下がり始め、リーマン
ショック時には株価が700円台まで下がりました。


業績も2008年度の純利益が2,087億円だったのが、2010年には335
億円まで下がったので株価も下がります。


しかし、ここから大きく株価は反発し、現在の株価は3,000円台
まで戻ってきています。


かなり急激な株価変動なのですが、不景気から好景気への流れ。


転換点を読むことができれば、投資額の数倍のリターンを狙うこ
とができます。


もう一つのパターンは、企業規模が成長していくと同時に小型株
から大型株へと大きくなり株価も伸びていくというケースです。


いわゆる成長株投資になりますが、この投資スタイルで数倍のリ
ターンを得ようと思ったら東証1部になる前の2部や新興銘柄を狙
う必要があります。


新興銘柄は値動きが大きいので、私は比較的堅実な銘柄の多いJ
ASDAQ銘柄をお薦めします。


例えばアークランドサービスHD(3085)


カツ丼屋チェーンですが順調に出店数を増やしており、売上、利
益とも右肩上がりの会社です。


純利益は2010年度で7億1300万円でしたが、2016年度で20億円。


約3倍になっています。


と、ここまでおいしい話ばかりしてきましたが、大化け株を掴む
のはそんなに簡単なことではありません。


まず、業績回復株で問題なのは、株価の底がいつなのか。


景気の反転時はどこかがわからないことです。


結果論ではいくらでも話せますが、それを見極めるのはとても難
しいのです。


景気のサイクルは10年スパンで見ていく必要がありますので、す
ぐに結果が出せるやり方ではありません。


そこで私が実際にやっているのは2つ目の中小型の成長株に長期
投資する投資スタイルです。



こちらも株価の一番安い底で買うことは出来ませんが、成長の早
めの段階で気付き、成長が続く限り保有を継続することでリター
ンは大きくなります。


今、保有している小型成長株の一つがハウスコム(3275)です。


2014年から保有しましたが、同時の純利益4億200万円から成長が
続き、2017年度は7億5300万円となりました。


2018年度は8億300万円予想ですが、実現したら、保有開始から純
利益は2倍となります。


保有開始から株価は約2.5倍。配当金も毎年増配しています。


上場市場はJASDAQなので、将来的には東証1部、2部への昇格も十
分狙えそうです。


ですが、保有してる限り企業の業績チェックは必須です。


成長ストーリーが崩れた時点で、株価も大きく落ちるためリスク
は高めであることもお忘れなく。


関連記事 成長株投資の成功ノウハウ


視聴回数3000超え。高評価が20以上ついている人気動画です。


時間は約20分と、他の動画と比べて長めですが、有料にしてもお
かしくないノウハウをお話しています。


ブログが役に立ったという方は、ブログランキングへ応援
のクリックをいただければ幸いです。



応援のやり方は、私のブログにある「人気ブログランキングへ
と書かれた文字をクリックするだけです。


応援が多いと、執筆活動の励みにもなります。


読者様が何か登録するなどの必要はありません。


【 アークランドサービス(3085)で1000万円の利益達成! 】
投資ノウハウが詰まったレポートを今なら無料プレゼント中!

10月29日の主な決算発表銘柄


10月29日の主な決算発表銘柄



気になる銘柄情報は「ランキング」で確認!


明日は日経平均採用銘柄が多数決算発表、
205社が一気に出てきます。

その中でも特に注目されるであろう銘柄は


9984 ソフトバンク
7974 任天堂
5401 新日本製鐵
6301 コマツ
2914 JT
4911 資生堂
5405 住金
6501 日立
6753 シャープ
7261 マツダ
8801 三井不動産


明日はこれでもか、というくらいに主力銘柄が
出ますので自分の保有株や気になる株は
チェックしておきましょう。


注目! 2010年の資産運用術
期間限定無料プレゼント中!今すぐアクセス

下方修正を出しても株価が下がりにくい銘柄とは?


下方修正を出しても株価が下がりにくい銘柄とは?



ブログランキング挑戦中です。応援クリックお願いします


インテイリア雑貨フランフランを経営するバルス 2738
下方修正を発表しました。

2738.jpg

この発表により当期純利益は17億1千万から10億円に
落ち40%以上もの大幅下方修正となりました。

ここまで大きく下げると株価も急落必至かと
思います。

株価は72000円でPERは7.1倍ですが、同じ
PERで計算すると4万円台にまで下がります。

72000.jpg

ここで重要になってくるのが、株価が下がった後
再び持ち直すのか?

それとも下降線のままなのか?という予測です。



いくつかの投資本では株主持分比率が50%以上の
銘柄は株価が安定傾向になる等、昔は言われました。

もちろん今でも当たると思いますが、私の場合は
他にもキャッシュフロー、配当に注目します。


トヨタ 7203やコマツ 6301を例に挙げますが、業績が
下がっても急に減配や無配にならない企業は
株価が持ち直すケースが多い傾向があると思います。

その理由には配当利回りが高くなる、という計算が
再び株の購入に向かわせる
要因になります。


例えば同社の配当は2000円です。これを今日の株価で
回収するのには36年かかります。

しかし4万円まで下がると、配当が下がらないと仮定
すれば20年で回収できます。


こういったキャッシュリッチかつ配当利回りが高い
銘柄は、下方修正でも反応が少ないか、もしくは
反応しても株価は戻る。

というケースが良くあります。


ちなみにバルスの場合は、四季報で調べてみましたが
どちらも当てはまりませんでした。


下方修正と同時に、株主優待券が年1回から2回へ増える
等の発表がありましたが、株主を食い止めるまでには
いかないと感じました。

私も買い物をしたりするお店なので、今後どういった
方針を打ち出すのか期待しています。


その他、株式投資情報をご希望の方は
このレポートを読んでみてください。


GSがコマツの目標株価引上げも、これは情報操作か?


GSがコマツの目標株価引上げも、これは情報操作か?



ゴールドマンサックス(GS)がコマツ 6301
の投資判断を「中立」から「買い」へ。

目標株価を1030円から1750円に引き上げました。


来期以降の新興国の需要が想定を上回る公算が
大きいのが理由だそうですが、これは本当か?
と疑いたくなります。



コマツが発表しております09年度決算と
10年度予想は以下になりますが

6301.jpg

売上高予想はさらに落ち込んでおり
10年度も大幅に減益予想です。


改めて建機市場の低迷具合が痛感されますが
株価だけが上がるというのはおかしいのでは
ないでしょうか?

最近は円高がすすんでいますが、それが
向い風であることも分かっているはずです。


この発表の裏側には一時の人気相場、金融相場
という見方を感じてしまいます。

確かにリーマンショック時には700円台まで
同社の株価は下落しました。

07年のピーク時には4000円台でしたから
割安株という見方をすれば間違いなく安かった
ですし、買い戻しが続いています。


しかし今日の株価(1361円)でPERはすでに
38倍
に達しています。

目標株価の1750円になればPERは何と48倍!
どう考えても高すぎます。



真意のほどはわかりませんが外資ファンドが
この材料を餌に保有株を売り抜けているような
捉え方もできてしまいます・・・。


判断の理由が「新興国の需要が想定を上回る公算が
大きい」という見込みだけで、実際にどの程度
需要が増えているのかは不明確です。


その他、株式投資について詳しく知りたい方は
このレポートをご覧ください。


人気ブログランキングへ
↑ この記事が参考になったという方は
  応援の1クリックお願いします。

プロフィール
株式会社リーブル代表取締役
坂本 彰(さかもと あきら)

サラリーマン時代に始めた株式投資から多くの失敗と経験をし、株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。

平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。

著書に「小売お宝株だけで1億円儲ける法」(日本実業出版社)「60歳から10万円で始める高配当株投資術」「10万円から始める高配当株投資術」(あさ出版)がある。

メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。

投資助言・代理業(投資顧問業)近畿財務局長(金商)第356号
一般社団法人日本投資顧問業協会加入 会員番号 022-00264号

雑誌掲載、講演会、出版等のご依頼がございましたら下記メールアドレスまでご連絡をお願いいたします。折り返し返信させていただきます。

kabu@toushi01.com

※ブログや動画で採り上げた銘柄は利益を保証するものではありません。

情報提供が目的であることを事前にご理解の上、自己責任にて投資をお願い致します。

最新記事(画像付)
出版実績
書籍 画像2s
「小売お宝株だけで1億円儲ける法」(日本実業出版社) 高配当株投資術 書籍画像2s
「10万円から始める高配当株投資術」(あさ出版) 60歳から10万円で始める高配当株投資術s
「60歳から10万円で始める高配当株投資術」(あさ出版)
メディア掲載履歴
日経ヴェリタス
日経ヴェリタス4月8日号

ダイヤモンドザイs 2018年4月号
ダイヤモンドザイ2018年4月号

週刊ポストs 3月2日号
週刊ポスト3月2日号

週刊ポストs 29
週刊ポスト2月9日号

日経ヴェリタス
日経ヴェリタス12月31日号

ダイヤモンドザイs
ダイヤモンドザイ2018年2月号

カリスマ投資家たちのs
カリスマ投資家たちの株式投資術(KADOKAWA)

BIGtomorrow増刊号s
BIGtomorrow増刊号

ダイヤモンドザイs
ダイヤモンドザイ2017年9月号

日本の投資家億万長者
日本の投資家億万長者列伝 宝島社

yenspa
Yen SPA!2017年夏号

高配当株投資術 日経新聞s
2017年5月23日 日経新聞

BIGtomorrow s
BIGtomorrow2017年5月号

ダイヤモンドザイ 2017年6月号s
ダイヤモンドザイ2017年6月号

BIG 増刊号s
BIGtomorrow2017年5月号増刊

BIG-s 2017-5
BIGtomorrow2017年5月号

週刊ポストs
週刊ポスト2月3日号

BIG 2017-3s
BIGtomorrow 2017年3月号

2016年度以前の掲載履歴はこちらから

  • ライブドアブログ