日本株投資家 坂本彰【公式】ブログ

2009年10月、130万円だった株式資産は2015年に5000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億円に。

感想

3000円投資生活、読んでみました。

いつも応援ありがとうございます。人気ブログランキングへ


3000円投資生活、読んでみました


マネー本の超ベストセラー3000円投資生活を読みました。


初めて読んだのは2016年6月か7月ごろだったと思います。


その時は10万部のベストセラーと言う本の帯のコピーが印象に残
っていたのですが現在なんと50万部!


ミリオンセラーもありそうですね。素晴らしいです。


さてその3000円投資生活ですが、一読者として。また一著者
(といっても一冊出しただけですが・・・)という視点から再度
読んでみました。


まず凄いのが毎月3000円からできる横山式の投資法です。


投資を始めるなら1万、10万、100万と言うラインがありますが、
それをバッサリ打ち破ったところにヒットの秘訣がありそうです。


3000円からスタートさせることで誰でも簡単に始められ、リス
クの低減という投資初心者のハードルを2つとも下げることがで
きました。


続いて投資先ですが「バランス型の投資信託を買うだけ。」


買う投資信託の具体的な商品については61、68〜69ページに7つ
書いてあります。


続いて面白かったのが、152ページ、確定拠出年金と179ページ、
ふるさと納税に関する内容です。



こちらはサラリーマンでもできる数少ない節税策の1つで、私も
実際両方使っており、かなり有効です。


ふるさと納税でしたら、特産品(お米とか果物中心)をもらって
食費も節約でき、かなりお勧めできます。


ブログが役に立ったという方は、ブログランキングへ応援
のクリックをいただければ幸いです。



応援のやり方は、私のブログにある「人気ブログランキングへ
と書かれた文字をクリックするだけです。


応援が多いと、執筆活動の励みにもなります。


読者様が何か登録するなどの必要はありません。


【 アークランドサービス(3085)で1000万円の利益達成! 】
投資ノウハウが詰まったレポートを今なら無料プレゼント中!
投資レポート QRコード
QRコードからもアクセスできます!



「投資で一番大切な20の教え」(動画版)

いつも応援ありがとうございます。人気ブログランキングへ


「投資で一番大切な20の教え」という本を読みました。


株式投資を始めてから数百冊と言う本を読み大体のパターンはわ
かったつもりでしたが、投資で1番大切な20の教えは新しい視点
を教えてくれる素晴らしい本でした。





チャンネル登録をすると動画の最新情報が通知されるなど、見逃
しがありません。


現在800人ほどですが、今年は1000人目指して頑張ります。


ブログが役に立ったという方は、ブログランキングへ応援
のクリックをいただければ幸いです。



応援のやり方は、私のブログにある「人気ブログランキングへ
と書かれた文字をクリックするだけです。


応援が多いと、執筆活動の励みにもなります。


読者様が何か登録するなどの必要はありません。


【 アークランドサービス(3085)で1000万円の利益達成! 】
投資ノウハウが詰まったレポートを今なら無料プレゼント中!



「投資で一番大切な20の教え」感想 これは読むべき一冊!

いつも応援ありがとうございます。人気ブログランキングへ


投資で一番大切な20の教え


「投資で一番大切な20の教え」という本を読みました。


株式投資を始めてから数百通と言う本を読み大体のパターンはわ
かったつもりでしたが、投資で1番大切な20の教えは新しい視点
を教えてくれる素晴らしい本でした。


本書はアメリカで刊行された本が訳されたものですが、あのウォ
ーレンバフェット氏も極めてまれに見る実益のある本と絶賛され
たそうです。



著者のハワードマークス氏は投資会社の創業者であり顧客向けレ
ターを20年にわたり書いてきたそうです。


この本は過去の顧客向けレターを中心に書かれたそうですが、読
んでいてためになる内容ばかりでした。


基本的には経験を踏まえた投資哲学や思考法、教訓についてで、
テクニック等はありません。


タイトル通り20あるわけですが、その中でも印象に残ったのが
「2次的思考をめぐらす。」



投資と言うのは買った後、良いシナリオになることを予想して買
うわけです。


しかし、「その株価は過大評価されていないか?」「割高ではな
いか?」


など自分の予想と逆の発想、考えをすることの重要性を説いてい
ます。



投資のプロセスは単純ではないため二次的思考あわせ持つことで
優れたリターンが達成できると伝えています。


続いて9 振り子を意識するです。


136ページに強気相場になる3段階のプロセスがあり、


・まず、先見の明がある一握りの人が、状況が良くなると考えは
 じめる

・次に、多くの投資家が実際に状況が良くなっていることに気づ
 く

・最後に、すべての人が状況が永遠に良くなり続けると思いこむ



どの段階なのかをしっかり把握することの重要性を説いてました。


また、138ページには弱気相場3段階のプロセスというのが書かれ
てあり、


・まず、一握りの思慮深い一握りの投資家が、強気相場の中にあ
 ってもそれがずっと続くとは限らないと意識する

・次に、多くの投資家が状況が悪化していることに気づく

・最後に、すべての人が状況の悪化の一途にたどると思い込む



もちろん、どちらも一握りに入ることが最上です。


多くの投資家の段階での十分かなとも感じますが、これは景気の
流れと似てるように感じました。



他にも、「11 逆張りをする」「12 掘り出し物を見つける」な
ど魅力的なタイトルが書かれており、内容も秀逸です。


中古や電子書籍よりも紙の書籍で購入し、ラインや注釈を書いて
いくことをお勧めします。


【 関連記事 】


「小売お宝株だけで1億円儲ける法」必ず読んでほしい超重要な
5つの部分



「小売お宝株だけで1億円儲ける法」書籍リンク


出版記念キャンペーン継続中


ブログが役に立ったという方は、ブログランキングへ応援
のクリックをいただければ幸いです。



応援のやり方は、私のブログにある「人気ブログランキングへ
と書かれた文字をクリックするだけです。


応援が多いと、執筆活動の励みにもなります。


読者様が何か登録するなどの必要はありません。


【 アークランドサービス(3085)で1000万円の利益達成! 】
投資ノウハウが詰まったレポートを今なら無料プレゼント中!
投資レポート QRコード
QRコードからもアクセスできます!


長寿は投資にこそ最大の恩恵

いつも応援ありがとうございます。人気ブログランキングへ


ライフシフト


年末年始は何冊か書籍を読んでいました。


その中で印象に残ったのが、LIFE SHIFT(ライフシフト)という
書籍です。


amazonのビジネス書ランキングでも上位継続していますし、先月
の書店訪問時でも大量に置かれていて、目立っておりました。


チラッと立ち読みもしてみたのですが、平均寿命が延びることで、
今までの人生観を変えていく必要があるという内容に興味を持ち
ました。


実際、内容も非常に面白く、人生観が変わるほどのインパクトが
ありました。


平均寿命は今後の伸び続け、2007年に日本で生まれた子供の半分
は107年以上生きるそうです。



現在、人生は教育を受ける期間(18〜22歳)、社会人(60歳まで)、
リタイア後という3つの段階で変化していきました。


しかし、100歳以上生きる時代がやってくると、60歳でのリタイ
アだと老後の途中で資金がなくなってしまうことや、会社の生存
率が低下していることにより、


社会人の途中でも専門知識を学び直す期間が必要なこと。


つまり、働きながらも学生に戻ることや新しいスキルを得ること。


共働きについても触れていました。


長くなった寿命の大半は、医療の進化や啓蒙活動により、健康で
いられる期間もずっと長くなるそうです。


そのため、60以上でも働けることを示唆していました。


長寿化による変化は社会だけではなく個人にとっても変化、適応
していくことが必要なのだと知ることができる素晴らしい本でし
た。


昨年、娘がジュニアNISAをスタートさせたことを書きましたが、
100歳以上生きたとすると、配当金だけで元本の何倍くらい得ら
れるのでしょうか?



そう考えると、ワクワクします。


書籍のあとがきでは、長い人生を生きる上では、なにかに打ち込
み、習熟することが必要だと書かれていました。


習熟とは、ある物事に慣れて十分に会得(えとく)する意味の言葉
ですが、そのカギを握るのが、自分ならできるという認識と積極
性だそうです。


あなたも、少しでも早く株式投資に取り組んでみましょう。


関連ブログ記事  「ジュニアNISA その後


年間の投資枠は80万円が上限のため、利益額は小さいですが、も
ちろんジュニアNISAもプラスになっています。リターンは約30%
でした。


ブログが役に立ったという方は、ブログランキングへ応援
のクリックをいただければ幸いです。



応援のやり方は、私のブログにある「人気ブログランキングへ
と書かれた文字をクリックするだけです。


応援が多いと、執筆活動の励みにもなります。


読者様が何か登録するなどの必要はありません。


書籍 画像3

12月1日から全国の書店及びインターネット書店で販売開始され
ました書籍「小売お宝株だけで1億円儲ける法」


出版記念として私の書籍を購入していただいた方限定に、5大特典
をもれなくプレゼント
いたします。


詳しくは『キャンペーン特設ページ』をご覧ください。

貧乏はお金持ち


貧乏はお金持ち



橘玲氏の著書「貧乏はお金持ち」を読んでみました。

binbou.jpg

テーマはサラリーマン法人(本書ではマイクロ法人)
についてです。


私は今自営業ですが、法人化することで
得られるメリットや会社そのものについて
書かれておりました。


会社設立に関する本は多くありますが
「法人化して自由に生きる、富を生み出す」
という面白い視点での内容でした。

特に4章の節税や5章の低利息融資等の話は
知らないノウハウが数多くありましたので
とても勉強になりました。



橘玲氏の著書は毎回世間では全く知らない
情報を得ることができるため、読んでおいて
損をすることはありません。

これを読み終えた頃には、タイトルの貧乏が
なぜお金持ちなのか?

その答えがわかり、自分も積極的に貧乏に
なろうと思うはずです。



ちょっと変な言い方ですが、その答えが
法人化と、それをすることに
よって受ける特典
にあります。


これで授業料(本の代金)は1600円ですから
法人化を考えている人は一読しておきましょう。


私もこの本を読んで、今後のビジネスプランに
新しい発想が浮かんできました。


その他、株式投資について詳しく知りたい方は
このレポートをご覧ください。


人気ブログランキングへ
↑ この記事が参考になったという方は
  応援の1クリックお願いします。

プロフィール
株式会社リーブル代表取締役
坂本 彰(さかもと あきら)

サラリーマン時代に始めた株式投資から多くの失敗と経験をし、株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。

平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。

著書に「小売お宝株だけで1億円儲ける法」(日本実業出版社)「60歳から10万円で始める高配当株投資術」「10万円から始める高配当株投資術」(あさ出版)がある。

メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。

投資助言・代理業(投資顧問業)近畿財務局長(金商)第356号
一般社団法人日本投資顧問業協会加入 会員番号 022-00264号

雑誌掲載、講演会、出版等のご依頼がございましたら下記メールアドレスまでご連絡をお願いいたします。折り返し返信させていただきます。

kabu@toushi01.com

※ブログや動画で採り上げた銘柄は利益を保証するものではありません。

情報提供が目的であることを事前にご理解の上、自己責任にて投資をお願い致します。

最新記事(画像付)
出版実績
書籍 画像2s
「小売お宝株だけで1億円儲ける法」(日本実業出版社) 高配当株投資術 書籍画像2s
「10万円から始める高配当株投資術」(あさ出版) 60歳から10万円で始める高配当株投資術s
「60歳から10万円で始める高配当株投資術」(あさ出版)
メディア掲載履歴
日経ヴェリタス
日経ヴェリタス4月8日号

ダイヤモンドザイs 2018年4月号
ダイヤモンドザイ2018年4月号

週刊ポストs 3月2日号
週刊ポスト3月2日号

週刊ポストs 29
週刊ポスト2月9日号

日経ヴェリタス
日経ヴェリタス12月31日号

ダイヤモンドザイs
ダイヤモンドザイ2018年2月号

カリスマ投資家たちのs
カリスマ投資家たちの株式投資術(KADOKAWA)

BIGtomorrow増刊号s
BIGtomorrow増刊号

ダイヤモンドザイs
ダイヤモンドザイ2017年9月号

日本の投資家億万長者
日本の投資家億万長者列伝 宝島社

yenspa
Yen SPA!2017年夏号

高配当株投資術 日経新聞s
2017年5月23日 日経新聞

BIGtomorrow s
BIGtomorrow2017年5月号

ダイヤモンドザイ 2017年6月号s
ダイヤモンドザイ2017年6月号

BIG 増刊号s
BIGtomorrow2017年5月号増刊

BIG-s 2017-5
BIGtomorrow2017年5月号

週刊ポストs
週刊ポスト2月3日号

BIG 2017-3s
BIGtomorrow 2017年3月号

2016年度以前の掲載履歴はこちらから

  • ライブドアブログ