日本株投資家 坂本彰【公式】ブログ

2009年10月、130万円だった株式資産は2015年に5000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億円に。

投資法

ウォーレンバフェット氏の投資戦略から気づいたこと

いつも応援ありがとうございます。 人気ブログランキングへ 


bafe


「バフェット 投資の王道」ダイヤモンド社
「バフェットの教訓」徳間書店



久しぶりに2冊のバフェット本を読み返してみました。


ウォーレンバフェット氏は株式投資をする人であれば是非知って
おきたい投資家の一人です。



氏はアメリカの投資家で、世界最大の投資持株会社であるバーク
シャー・ハサウェイの筆頭株主であり同社の会長兼CEOを務めて
います。


アメリカの経済誌「フォーブス」が発表する世界の個人資産番付
では1〜2位の常連でもあります。


長期投資を基本スタイルとし、長期間に渡って同社に高い運用成
績をもたらしており「オマハの賢人」とも呼ばれています。



その運用方法や投資の格言は、多くの個人投資家の指針となって
いますが、今回2冊の本を読んで感じた3つの気づきをお伝えいた
します。


その1 バリュー投資


バリュー投資とは、現在の株式価値が株価に比べて割安なのかを
見極め、割安ならば保有するという戦略です。


バリュー投資をする際に重要なことは決算短信や会社が発表する
「資料」や、実際に企業の商品やサービス、利益の源泉を「調査」
することです。


バリュー投資家は、まず第一に株式選びに情熱をかけており、そ
の中からバーゲン価格で売られている会社を探そうとします。


その2 逆張り投資


逆張り投資とは、株価が下落傾向もしくは急落した時に株を買う。


株価の方向性、トレンドとは真逆の行動をする投資です。


氏は、人と逆の行動をとることの重要性を説明しており、


「我々がすべきことは単純だ。他人が強欲な時に臆病になり、他
人が臆病な時に強欲になればいい」


という格言も、それをわかりやすく表現しています。


また実際に、優良な企業の悪材料やニュースが報道されたときに
大規模な買いを行ってきました。


ディズニー、ワシントンポスト、コカ・コーラ、アメックスなど
はその後莫大な利益を生みましたし、毎年入る配当金も相当な金
額になっています。


その3 長期的価値


バフェット氏が投資をする上で最も重視しているポイントが、企
業が生み出す利益の永続性です。


企業が利益を生み出す限り保有を続ける「永久保有戦略」は有名
ですが、大半の投資家が意識する四半期や年間のパフォーマンス
やリターンを全くと言っていいほど無視しているのです。


これは、かなり凄いです。


私もそうですが、1年後の利益を考えずに投資が出来るからこそ、
永久保有戦略が実現できるのだと思います。


個人投資家は永久保有する必要はありませんが、投資哲学を知
るだけでも、投資の考え方が一変するはずです。


関連ブログ記事  師匠を探そう


今回のブログが役に立った!という場合はランキングボタンも一緒
にクリックしていただければ嬉しいです。



応援のやり方は、私のブログにある「人気ブログランキングへ」と
書かれた文字をクリックするだけです。


応援が多いと、執筆活動の励みにもなります。


読者様が何か登録するなどの必要はありません。


高配当株、資産株の投資法とは?

いつも応援ありがとうございます。 人気ブログランキングへ 


べn


上場企業8つのタイプについて」の記事をご覧になった読者様
より、残り4つのタイプについても是非教えてくださいという
メールをいただきました。


ブログに掲載した当時はメルマガ読者獲得のため、ブログに掲載
していない4つのタイプ


高配当株、資産株、割安株、業績回復株はブログに掲載していま
せんでしたが、公開しようと思います。


説明は長くなるため2回にわけますが、最後まで読んでみてくれ
たら嬉しいです。


5 高配当株

   
こちらは文字通り、株価に対する配当金の利率が高い株になります。


普通、配当利回り「(配当金÷株価)×100」は1〜2%台の株が大半
ですが、3%を超える株もあります。


そういった株に投資して、配当金をもらい続けるスタイルの投資です。


(配当金プラス株主優待を目的に投資している人も含む。)


会社四季報では、配当欄を見ればすぐに判断できます。


私は高配当株が好きで、保有している銘柄もわりと多いです。


その理由ですが、配当金を多く出せる会社イコール利益を毎年出して
いる会社とも判断できるからです。


その他にも、割安株と同じく高配当株は相場下落時も株価が比較的
安定しています。


長期で資産運用を考えている方は、リターンよりもリスクが比較的低
めの株を保有してみてください。


成長株とは反対に、過去の業績が堅調な銘柄は、株価も比較的安定
しており保有していて安心感があります。



6 資産株


会社が保有している資産(工場、土地など)よりも株の時価総額が
低くなっている株になります。


PBRが1倍以下の株になりますが、市場が企業価値を適正に評価
された時、株価が上がっていきます。


会社四季報では、財務欄の時価総額と総資産額を見て、総資産の
ほうが大きい場合、資産株だと判断できます。


つまりPBR1倍以下で買い、1倍になった時に売るという比較的
わかりやすい投資先です。



しかし、投資期間に対するリターンが低いのも、資産株の特徴でも
あります。


次回に続く・・・


今回のブログが役に立った!」という場合はランキングボタンも
一緒にクリックしていただければ嬉しいです。



株式 ブログランキングへ


アークランドサービス(3085)で1,000万円の利益を達成した!
最新の投資ノウハウが詰まったレポートを今なら無料プレゼント中!

バフェットの後継者ルー・シンプソンの投資法


バフェットの後継者ルー・シンプソンの投資法



気になる銘柄情報は「ランキング」で確認!


ウォーレン・バフェット氏の後継者と言われている
ルー・シンプソン氏とはどんな人物なのでしょうか?


実はバークシャーハサウェイの子会社である
GEICO投資部門のCEOがシンプソン氏である。

バフェット氏とシンプソン氏の共通項は非常に多く
箇条書きにしてみると


・新たな資金は保険のフロートで集めている

・読書を好み、アニュアルレポートをたくさん読む

・ウォール街から離れた場所に住んでいる


などがあります。

次に、氏の投資原則ですが


1 自分の頭で考える

2 株主のために経営されている高収益企業に投資

3 素晴らしい事業でも正当な価格帯でないと投資しない

4 長期投資

5 過度な分散投資はしない


以上、5つが基本原則となっているようでした。


特に、投資を行う前に会社の資料やレポートを
きちんと読むことは購入銘柄にするかしないかの
判断において参考になります。

ですが、ほとんどの投資家はネームバリューで選ぶことが
大半ですが、本当のバリュー(価値)は、名前ではありません。

本当の価値は、事業からの利益と株価の相関関係である
ことがわかっておりません。

その部分を経験と、自分の勉強から得ていく人がとても
少ないことが、株で勝てる人が小数である理由とも
思いました。


注目! 2010年の資産運用術
期間限定無料プレゼント中!今すぐアクセス

多すぎる投資情報はリターンが悪くなる!?


多すぎる投資情報はリターンが悪くなる!?



中原圭介氏の著書「サブプライム後の新世界経済」を
読み返してみました。

nja.jpg

すると書籍の中の一文で多すぎる情報、選択肢は
時に邪魔になる
という言葉がありました。

私は昔からシンプルな投資法を続けてきましたが
投資雑誌やテレビの投資番組等では色んな投資法が
紹介されています。


時間の都合や視聴率を稼ぐために飽きさせない工夫が
必要なのはわかりますが視聴者がそれを鵜呑みにして
いては自分の投資スタイルは一向に身に付きません。



毎回違うテクニカル指標の読み方を紹介している人を
見かけますが、過去の株価の流れを説明しているだけです。

本当に知りたいのは今後どうなっていくのか?
という予測力です。


書籍の中では情報を一つしかあたえないグループと
多数の情報を与えたグループで運用成績の競争をさせたことが
書かれてありました。

この結果は、多数の情報を与えたグループは投資判断に自信を
持った運用をするが、成績では一つの情報のみで運用したグループの
ほうが上だったそうです。

近年では、投資についてはあふれかえるような量の情報や
新たな投資商品が生まれ続けています。


しかし本当に知らなければいけないのは新たな情報ではなく、
正しい情報をどう使えばいいのか?

というシンプルな答えではないでしょうか?



それについての私なりの回答を知りたい方は
このレポートを読んでみてください。

銘柄情報をメールマガジンにてお届けいたします。


人気ブログランキングへブログランキング挑戦中です。応援クリックお願いします

四季報投資の醍醐味とは?


四季報投資の醍醐味とは?



私が得意としております会社四季報を
使っての株式投資。

shiki.jpg

その醍醐味とはズバリ誰も気づいていない
成長株・割安株などの優良銘柄を見つけ出す

ことだと思います。

その情報を四季報から得るわけですが、
具体的には

・業績の変化
・事業の歴史
・事業の状況
・会社(業種の)トレンド


がわかります。

上場している銘柄は4000もありますので
すべてを見ることは大変で、普通に仕事を
されている人は読み切れないと思います。

しかし、長いこと読み続けていると
どこに注目すれば、株価が上がりやすい
銘柄なのかが一目で見えるようになります。


それを極めた私は、サラリーマンを辞め
セミリタイア生活を送ることができました。


株式投資について、さらに詳しく知りたい方は
このレポートを読んでみてください。


人気ブログランキングへ
↑ この記事を読み終えた方は
  クリックお願いします。

プロフィール
株式会社リーブル代表取締役
坂本 彰(さかもと あきら)

サラリーマン時代に始めた株式投資から多くの失敗と経験をし、株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。

平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。

著書に「小売お宝株だけで1億円儲ける法」(日本実業出版社)「60歳から10万円で始める高配当株投資術」「10万円から始める高配当株投資術」(あさ出版)がある。

メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。

投資助言・代理業(投資顧問業)近畿財務局長(金商)第356号
一般社団法人日本投資顧問業協会加入 会員番号 022-00264号

雑誌掲載、講演会、出版等のご依頼がございましたら下記メールアドレスまでご連絡をお願いいたします。折り返し返信させていただきます。

kabu@toushi01.com

※ブログや動画で採り上げた銘柄は利益を保証するものではありません。

情報提供が目的であることを事前にご理解の上、自己責任にて投資をお願い致します。

最新記事(画像付)
出版実績
書籍 画像2s
「小売お宝株だけで1億円儲ける法」(日本実業出版社) 高配当株投資術 書籍画像2s
「10万円から始める高配当株投資術」(あさ出版) 60歳から10万円で始める高配当株投資術s
「60歳から10万円で始める高配当株投資術」(あさ出版)
メディア掲載履歴
日経ヴェリタス
日経ヴェリタス4月8日号

ダイヤモンドザイs 2018年4月号
ダイヤモンドザイ2018年4月号

週刊ポストs 3月2日号
週刊ポスト3月2日号

週刊ポストs 29
週刊ポスト2月9日号

日経ヴェリタス
日経ヴェリタス12月31日号

ダイヤモンドザイs
ダイヤモンドザイ2018年2月号

カリスマ投資家たちのs
カリスマ投資家たちの株式投資術(KADOKAWA)

BIGtomorrow増刊号s
BIGtomorrow増刊号

ダイヤモンドザイs
ダイヤモンドザイ2017年9月号

日本の投資家億万長者
日本の投資家億万長者列伝 宝島社

yenspa
Yen SPA!2017年夏号

高配当株投資術 日経新聞s
2017年5月23日 日経新聞

BIGtomorrow s
BIGtomorrow2017年5月号

ダイヤモンドザイ 2017年6月号s
ダイヤモンドザイ2017年6月号

BIG 増刊号s
BIGtomorrow2017年5月号増刊

BIG-s 2017-5
BIGtomorrow2017年5月号

週刊ポストs
週刊ポスト2月3日号

BIG 2017-3s
BIGtomorrow 2017年3月号

2016年度以前の掲載履歴はこちらから

  • ライブドアブログ