日本株投資家 坂本彰【公式】ブログ

2009年10月、130万円だった株式資産は2015年に5000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億円に。

検証

ダウの負け犬戦略は本当に有効なのか?日経平均銘柄で検証してみました その2


ダウの負け犬戦略は本当に有効なのか?日経平均銘柄で検証してみました その2



前回からの続き・・・


すると、各銘柄の大納会と7月30日の終値は

日産自動車 320 → 694
商船三井 542 → 565
日本郵船 545 → 394
JFEHD 2335 → 3740
ヤマハ 821 → 1226
富士電機HD 133 → 162
平和不動産 230 → 325
松井証券 743 → 862
ホンダ 1906 → 3010
三菱マテリアル 223 → 257


であることが判明しました。


これに最小単元株数をかけ、購入価格を
計算してみると

大納会での購入価格は217万500円。

そして7月30日での終値で計算した保有株の時価は
233万1700円となりました。

伸び率では107%となりました。

(ここでは購入手数料や配当の計算はしておりません)


そして次は、日経平均225の株価推移を調べてみます。

すると大納会の株価は8,859円に対し、7月30日の終値は
10,165円でした。

100.jpg

伸び率では114%となり、なんと高配当銘柄ベスト10よりも
倍近くいい結果となりました。



半年での結果ですからダウの負け犬戦略が有効ではない
という結論を出すのは早いと思いますが、今回の結論では
日経平均では当てはまらないということになりました。

対象期間を広げたり、配当や株主優待を加えて検証すれば、
また違ったデータが得られるとは思いますが、私の中では
このパターンでの投資で稼げるかどうかについての確証は
得られませんでした。

かなり時間をかけて検証してみたのですが、ここまで読んでくれた
読者の皆様に、良い報告ができず残念です。


その他、株式投資情報につきましては
このレポートを読んでみてください。

人気ブログランキングへブログランキング挑戦中です。応援クリックお願いします

ダウの負け犬戦略は本当に有効なのか?日経平均銘柄で検証してみました その1


ダウの負け犬戦略は本当に有効なのか?日経平均銘柄で検証してみました その1


今、ジェレミー・シーゲル氏の株式投資 第4版
(長期投資で成功するための完全ガイド)


DSC00984.jpg

という本を読んでいます。


400ページ以上もありますので読み終えるまでに
1週間くらいかかりそうですが、じっくりと
読んでいます。

そこに書かれていた内容でダウの負け犬戦略という
投資法があり、これは面白い内容だと感じたので
紹介させていただきます。

一時、本屋の投資本コーナーでも似たような
タイトルがあったような気もしましたが・・・。


この投資法のもとになったのはシーゲル氏や他の
研究者が発表した

配当利回りが高いグループほど、配当利回りの
低いグループよりも、確実に高いトータルリターンを
投資家に提供している
という結果です。

(書籍内では156〜160ページにて紹介)


この理論を実践していく投資法がタイトルにもあります
「ダウの負け犬」戦略になります。

具体的にはダウ平均構成銘柄のうち配当利回りが最も高い
10銘柄を12月31日に購入し、それらを一年間保有する。

そして次の年の12月31日になったら、その時点で配当
利回りが最も高い10銘柄と入れ替える。


というプロセスを繰り返す方法だそうです。


この戦略で投資をした結果、過去50年(1957〜2006)の
リターンがダウ平均より3%、S&P500よりも4.5%もの
高い利回りを出したそうです。


数字上では3%の違いですが、それが50年となると
元本は約3.8倍も違うことになり、4.5%になると
何と7.4倍も変わってくるから驚きます!


ちなみに日本株では日経225構成銘柄から選ぶという
ことになりそうですがベスト10は

1位 7201 日産自動車 7.96%
2位 9104 商船三井 5.98%
3位 9101 日本郵船 5.81%
4位 5411 JFEHD 4.93%
5位 7951 ヤマハ 4.88%
6位 6504 富士電機HD 4.81%
7位 8803 平和不動産 4.54%
8位 8628 松井証券 4.51%
9位 7267 ホンダ 3.85%
10位 5711 三菱マテリアル 3.55%


になりました。

日々の株価変動で順位は入れ替わると思いますが
その点はご了承ください。

計算方法は08年大納会の終値に購入最小単元株数をかけ
それを合計した金額を7月30日の終値と比べ、それだけ
上昇しているかを検討してみます。


その2へ続く・・・


その他、株式投資情報につきましては
このレポートを読んでみてください。


人気ブログランキングへブログランキング挑戦中です。応援クリックお願いします

キャンドルFX 商材検証レビュー


キャンドルFX 商材検証レビュー


あなたが、探し求めているのは次のうちのどれでしょうか?


機ネ論は立派だが、難解で、
  もしかしたら習得できないかもしれない投資法

供ッ擦ご間しか通用せず、業者に対策されたら
  使えなくなるような裏技系投資法

掘イ瓦シンプルなルールでありながら、
  継続的に利益を積み上げられる投資法



もしあなたが『靴海修探し求めていた手法だ!

そう言ってくれるのであれば、

ボラティリティの意味も分かっていなかった
FX超初心者が40分で手法をマスターし
3時間のデモトレードを経て、
その日のうちに実トレードで3勝1敗して
64,259円の利益を上げた
テクニカルを一切使わなくていい
投資手法があるのですが
あなたは知りたくありませんか?


無題.JPG

キャンドルFX ローソク足だけで
勝ち続ける、どシンプル投資法


現在668人の方がこの投資法を実践しています。
誰もが笑っていましたが、その暴騰ぶりを目にした途端・・・!



注目銘柄の最新情報は・・・【人気ブログランキング】へ

にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ ← このブログ、実はランキング★位なんです!

「さようならサラリーマン 富裕層への6ステップ」自分で人生を切り開いていこう


「さようならサラリーマン 富裕層への6ステップ」自分で人生を切り開いていこう




  ■新しく得られた知識などはあったでしょうか?


   この度は弊社商材、


   「さようならサラリーマン 富裕層への6ステップ


   を購入していただきましてありがとうございました。


   私は、この書籍の発行者の坂本彰と申します。


   このメールでは、上記タイトルの商材を購入された方へ
   お送りするメールマガジンになります。


   購入していただいた直後に、ご案内のメールをお送り
   しておりましたが、第一回のメールまで時間がかかって
   しまいました。


   ですが、販売から1ヶ月が経ち、ようやく私もおちついて
   きましたので、今後は不定期配信ではありますが、
   フォローのメールマガジンをお送りいたします。


   さて、この書籍を読んで何か得られること。


   新しく得られた知識などはあったでしょうか?


   私はいつも知識を得るためにすることは「読書」です。


   情報が古いように感じる方もいるかと思いますが、
   人が勉強をするときは、たいていの場合本を読んで
   勉強をしたと思います。


   学校でも職場でも、知識を得る行為はもっぱら
   本を読むことですよね。


   間違っても、テレビで情報や知識を得ること、さらに
   それが勉強だという勘違いをしないようにしましょう。


   話を元に戻しますが、私がこの書籍で言いたかったことは
   主に3つのことがあります。


   それは


   倹約

   副業

   投資


   の3つです。


   倹約と副業をしながら自由に使えるお金を増やし、
   そのお金を投資に回して資産を大きく増やしましょう。


   ということを170ページの内容で伝えました。


   しかし、他のマネー雑誌やライフプランに関する本は、
   主に


   倹約の方法、投資のノウハウ

   
   しか伝えていません。


   具体的には、まずあなたがいくら倹約できるのか?


   その方法を説明します。


   浮いたお金プラス、住宅ローン金利の借り換えや繰上げ返済、
   保険の借り換えで倹約できたお金を、投資に回しましょう。


   という内容です。


   投資に関してはこんな投資法がありますよ、程度だと思います。


   投資に関しては再度、別の本を何冊か読む必要があります。



  ■自分で人生を切り開いていこう


   ここで私が何をいいたいのかといいますと、私は
   今まで世間で言われてきたライフプランの書籍やノウハウが
   間違っている、ということを言いたいのではありません。


   そうではなく・・・


   従来のやり方では古くなってきたのでは?


   ということを伝えたいのです。


   残念ながら既存の住宅ローン借り換えや倹約ノウハウでは、
   収入を増やすことに関しては具体的内容は乏しいように思います。


   ましてや副業や副収入に関してなど職場では聞くこともできず、
   タブーとされているような内容です。


   先日私は引越しの見積もりをお願いしたのですが、その営業マンと
   仕事の話になりました。


   その業界はサラリーに関して厳しいらしく、生活も大変そうなので


   「仕事以外にバイトや副業をしてみては?」


   と言ってみたところ・・・


   「うちの会社は副業禁止なんです」


   という返事が返ってきました。


   しかし、引越し業界は値段がサービスのほとんどを占めており、
   この前も大手引越し業者が倒産したというニュースがあった
   ばかりです。


   20年も30年も前の、日本の人口が増え続けている環境ならば
   副業などせずとも給料は増えていくと思います。


   なぜなら、仕事も毎年増え、会社の収入も利益も上がるため、
   従業員に支払う金額にも余裕ができるからです。


   しかし、2008年の日本は間違いなく、全く逆の環境です。


   ライバル会社が増えるが、客は減る。


   そうなるとサービスで差別化を図る。


   しかし、ユーザーは価格こそが最大のサービスと思っています。


   ユーザーの望むサービスを提供すれば、利益は減って当然。


   望むサービスに応えられない会社は注文がとれない。


   売上があがらず倒産、失業・・・。


   という結果が待ち受けていますし、実際にそうなっています。


   にも関わらず


   「うちの会社は副業禁止なんです」


   いつの時代に作られたのかもわからない規定に、
   この人はいつまで従うつもりなのでしょうか?


   これでは何の前進もありませんし、金銭的に前進することは
   残念ながら全くないでしょう。


   例えあったとしても、業界再編やその他の要因など、
   受け身の結果でしかありません。


   ようするに、成行でこうなったということです。


   私は、このメールを読んでくれている読者様には
   上記のような返事をするサラリーマンにはなって欲しくありません。


   会社の言うなりに動かされる過去のサラリーマン人間ではなく、


   自分で人生を切り開いていこうというポジティブで行動を起こせる
   人になって欲しいと考えております。


   もちろん、高いお金を払ってこの書籍を買ったあなたは
   今でも十分ポジティブ思考の持ち主です。


   私もかつてサラリーマン時代だった頃、ラーメン屋を
   開業しようと考えていた時期がありました。


   当時の給料は25万、手取り18万円でボーナスもありません。


   飲食店の開業費用は平均1100万〜1300万ほどかかるため
   月に10万円貯金しても貯めるまでに10年はかかります。


   他にも広告費、人件費、運転資金を考えると開業するために
   いったいどのくらいかかるのだろうとゾッとしました。


   私は10年以上もこの職場にいることなど
   考えられなかったからです。


   そのために色んな副業をしましたが、もちろん会社に
   お伺いを立てるようなことはしません。


   会社は断るにきまっていましたし、そんなこと
   わざわざ聞こうとも思いませんでした。


   その根底には、人生を変えたい!


   という願望、信念があったからです。


   勝手にやりましたが、その時の経験は今でも活きています。



  ■編集後記


   普通の人は仕事や学校、また家事や育児など何かと向かい
   取り組んでいます。


   一生懸命に努力し、ガンバっています。


   しかし、何かが足りています。


   「仕事ガンバっています」


   「遅刻しません」


   という努力、頑張りだけではなく・・・。


   私が思うのは「人生を変えるための努力」を
   見つけて、行動して欲しいと思っています。


   別に今から起業しよう!ということでは全くないので
   勘違いをしていただきたくないのですが・・・


   あなたも、人生を変えるための行動と、
   それをするための具体的計画を考えてみてください。


   それを実践するための指針となるのが


   「さようならサラリーマン 富裕層への6ステップ


   です。


   もちろん少しずつで結構です。


   一歩ずつ前進していきましょう。


   最後まで読んでいただきまして、
   ありがとうございました。



現在641人の方がこの投資法を実践しています。
誰もが笑っていましたが、その暴騰ぶりを目にした途端・・・!

ローリスク サヤ取り投資法 商材検証レビュー


ローリスク サヤ取り投資法 商材検証レビュー


株価が上がっても下がっても安心してできる、
究極の株式投資方法。

それが、サヤ取りと呼ばれる投資方法です。

株式市場や外部環境に左右されることがないため、
突然の株価暴落でも安心。

それが、ローリスクで安全な投資方法といえる由縁です。

株式市場を見ることができない、
サラリーマンにもお勧めできる投資方法です。

安全確実でありながら、年利106%ものパフォーマンスを発揮

単純に考えて、1年間で資産が倍になる計算です。

いまだけ、サヤ取り投資の限定モニター募集中、
このお値段で提供できるのも今だけです。

お早めにお申し込みください!!



その他最新株式ニュースは
利益1000%!株でザクザク稼ぎまくれ」にて配信中。

四季報で暴騰銘柄を探すノウハウ
プロフィール
株式会社リーブル代表取締役
坂本 彰(さかもと あきら)

サラリーマン時代に始めた株式投資から多くの失敗と経験をし、株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。

平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。

著書に「小売お宝株だけで1億円儲ける法」(日本実業出版社)「60歳から10万円で始める高配当株投資術」「10万円から始める高配当株投資術」(あさ出版)がある。

メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。

投資助言・代理業(投資顧問業)近畿財務局長(金商)第356号
一般社団法人日本投資顧問業協会加入 会員番号 022-00264号

雑誌掲載、講演会、出版等のご依頼がございましたら下記メールアドレスまでご連絡をお願いいたします。折り返し返信させていただきます。

kabu@toushi01.com

※ブログや動画で採り上げた銘柄は利益を保証するものではありません。

情報提供が目的であることを事前にご理解の上、自己責任にて投資をお願い致します。

最新記事(画像付)
出版実績
書籍 画像2s
「小売お宝株だけで1億円儲ける法」(日本実業出版社) 高配当株投資術 書籍画像2s
「10万円から始める高配当株投資術」(あさ出版) 60歳から10万円で始める高配当株投資術s
「60歳から10万円で始める高配当株投資術」(あさ出版)
メディア掲載履歴
日経ヴェリタス
日経ヴェリタス4月8日号

ダイヤモンドザイs 2018年4月号
ダイヤモンドザイ2018年4月号

週刊ポストs 3月2日号
週刊ポスト3月2日号

週刊ポストs 29
週刊ポスト2月9日号

日経ヴェリタス
日経ヴェリタス12月31日号

ダイヤモンドザイs
ダイヤモンドザイ2018年2月号

カリスマ投資家たちのs
カリスマ投資家たちの株式投資術(KADOKAWA)

BIGtomorrow増刊号s
BIGtomorrow増刊号

ダイヤモンドザイs
ダイヤモンドザイ2017年9月号

日本の投資家億万長者
日本の投資家億万長者列伝 宝島社

yenspa
Yen SPA!2017年夏号

高配当株投資術 日経新聞s
2017年5月23日 日経新聞

BIGtomorrow s
BIGtomorrow2017年5月号

ダイヤモンドザイ 2017年6月号s
ダイヤモンドザイ2017年6月号

BIG 増刊号s
BIGtomorrow2017年5月号増刊

BIG-s 2017-5
BIGtomorrow2017年5月号

週刊ポストs
週刊ポスト2月3日号

BIG 2017-3s
BIGtomorrow 2017年3月号

2016年度以前の掲載履歴はこちらから

  • ライブドアブログ