日本株投資家 坂本彰【公式】ブログ

2009年10月、130万円だった株式資産は2015年に5000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億円に。

相場展開

日経平均、9日続落


日経平均、9日続落



月曜日の日経平均株価は寄り付きではプラスで
スタートしましたが終値では-236円安の9050円
大きく続落して終了しました。

225.jpg

今年3月から6月まで順調に回復してきた日経平均
株価ですが、7月に入ってからは9日続落。

流れが一気に変わりました。


昨日のニュースでは株価下落の要因が決算発表の
悪化やアジア株安という話がありますが、それが
原因ではありません。

ましてや解散総選挙や政局については、株価と
ほぼ関係ないと思っても間違いありません。


過去に郵政民営化選挙後に大きく上昇しましたが
今回は内容が違います。


では最近の株価下落は何が要因なのか?

その理由として挙げられるのが

・急激な円高
・米経済の悪化懸念


です。


まず1つ目の円高ですが、今年3月以降の
円ドル相場は95〜100円の間を動いていました。

しかし7月に入り95円のラインを超え、
一気に91円台まで円高が進みました。


これにより主力株の利益が圧迫されることが
売り材料になったことが一つ。


そしてもう一つが米経済の悪化に懸念する
投資マネーの引き上げ、いわゆる利益確定売りです。

米経済の主要指標であるISM指数は回復して
おりますが、もう一つの主要経済指標の雇用統計は
5月の-322千人から6月は-467千人と再び下落。

このニュースも悪材料に繋がり、再び


米経済回復先送り → 米株安、円高 → 日本株下落


という流れとなっております。


サブプライム問題以降、株価下落局面では
米経済の回復が幾度となく先送りされてきました。

その都度、投資家はダメージを負ってきましたが
どうやら今回も起こりつつあります。


ここまで書いてきましたが、米経済は数か月程度の
スパンで回復するほど甘くはありません。

そして見せかけの景気回復にあなたはいつまでも
踊らされてはいけません。


株式投資をすることは確実な今を手放し、
不確実な未来を買うという行為です。

数年先を見据えた投資戦略を練ることを
私からは提案させていただきます。


株式投資について、さらに詳しく知りたい方は
このレポートを読んでみてください。


人気ブログランキングへブログランキング挑戦中です。応援クリックお願いします

6月22日から26日の相場展開は?


6月22日から26日の相場展開は?



今週は久しぶりに反落して終えた日経平均株価。


1万円台を割り込んでしまったが、ここまで
3か月近く上げ続けただけに、売りが出ても
当然であり、特に不安視することもない。

さて、来週の相場指標ですが


22日(月)スーパー、コンビニ売上高
23日(火)4月の景気動向指数
24日(水)5月貿易統計



など。

今回の四季報でも、個別株を見ていけば
増益続きの会社の数多くあります。

自分の気になった銘柄をじっくり吟味していけば
大きなチャンスが待っています。


その他、株式投資ノウハウについて知りたい方は
このレポートを読んでみてください。


人気ブログランキングへ
↑ この記事を読み終えた方は
  クリックお願いします。

6月1日〜5日の相場展開は?


6月1日〜5日の相場展開は?



週末29日の日経平均終値は9522円となり
年初来高値を更新して終了しました。


9500円台の回復は2008年11月5日以来、約7カ月ぶり。

出来高も26億株と商いも活況で、最近では新たな
投資信託の販売が好調というニュースも聞きます。


そんな中、気になる来月第1週目の相場の指標となる
重要統計は


1日(月)新車販売台数
2日(火)米ISM指数



上記の2つですが、どちらも月初に発表され
相場の超注目指標なので要確認です。


どちらも先月よりは回復していくと思われるが
そうならない場合は、株価だけが独り歩きしている
ということになります。

年初来高値更新、年初来安値更新等のニュースは
相場が反転するシグナルとなりやすいです。


その他、株式投資について詳しく知りたい方は
このレポートをご覧ください。


人気ブログランキングへ
↑ この記事が参考になったという方は
  応援の1クリックお願いします。

5月25日から29日の相場展開は?


5月25日から29日の相場展開は?



今週の日経平均は月、火曜は大きく動いたものの
それ以降は小動きで終えた日経平均。

週間では横ばいという感じだったが、主力銘柄の
決算発表が終わり、来週からは再び米国相場や
為替、商品相場が注目されそうだ。


そんな中、来週の相場を占う主な統計は


27日(水)「4月の貿易統計」
29日(金)「4月の完全失業率」



の2つ。

どちらも景気の先読みができる重要指標なので
月ごとの変化に注目してほしい。

最近は米国の格付け関連などで円高や金相場の
上昇が進んでいる。


来週もこのあたりが動きそうなので、相場の
ヒントになるかと思われます。


その他、株式投資について詳しく知りたい方は
このレポートをご覧ください。


人気ブログランキングへ
↑ この記事が参考になったという方は
  応援の1クリックお願いします。

5月18日から22日の相場展開は?


5月18日から22日の相場展開は?



今週は日経平均株価としては小幅に下落
したものの続落はなかった。

主要企業の決算をにらみながらの展開が
続きそうだが、円高に振れていることも
考えておきたい。

気になる来週の経済統計は・・・


18日(月)首都圏マンション販売戸数
19日(火)鉱工業生産
20日(水)1〜3月期GDP
20日(水)コンビニ売上高
22日(金)全国スーパー売上高



の5つ。

来週はイベントも多く、相場が機関投資家を
中心に動きやすくなる展開もありそうです。


他にも、株式投資情報について知りたい方は
このレポートをご覧ください。


人気ブログランキングへ
↑ この記事が参考になったという方は
  応援の1クリックお願いします。

プロフィール
株式会社リーブル代表取締役
坂本 彰(さかもと あきら)

サラリーマン時代に始めた株式投資から多くの失敗と経験をし、株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。

平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。

著書に「小売お宝株だけで1億円儲ける法」(日本実業出版社)「60歳から10万円で始める高配当株投資術」「10万円から始める高配当株投資術」(あさ出版)がある。

メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。

投資助言・代理業(投資顧問業)近畿財務局長(金商)第356号
一般社団法人日本投資顧問業協会加入 会員番号 022-00264号

雑誌掲載、講演会、出版等のご依頼がございましたら下記メールアドレスまでご連絡をお願いいたします。折り返し返信させていただきます。

kabu@toushi01.com

※ブログや動画で採り上げた銘柄は利益を保証するものではありません。

情報提供が目的であることを事前にご理解の上、自己責任にて投資をお願い致します。

最新記事(画像付)
出版実績
書籍 画像2s
「小売お宝株だけで1億円儲ける法」(日本実業出版社) 高配当株投資術 書籍画像2s
「10万円から始める高配当株投資術」(あさ出版) 60歳から10万円で始める高配当株投資術s
「60歳から10万円で始める高配当株投資術」(あさ出版)
メディア掲載履歴
日経ヴェリタス
日経ヴェリタス4月8日号

ダイヤモンドザイs 2018年4月号
ダイヤモンドザイ2018年4月号

週刊ポストs 3月2日号
週刊ポスト3月2日号

週刊ポストs 29
週刊ポスト2月9日号

日経ヴェリタス
日経ヴェリタス12月31日号

ダイヤモンドザイs
ダイヤモンドザイ2018年2月号

カリスマ投資家たちのs
カリスマ投資家たちの株式投資術(KADOKAWA)

BIGtomorrow増刊号s
BIGtomorrow増刊号

ダイヤモンドザイs
ダイヤモンドザイ2017年9月号

日本の投資家億万長者
日本の投資家億万長者列伝 宝島社

yenspa
Yen SPA!2017年夏号

高配当株投資術 日経新聞s
2017年5月23日 日経新聞

BIGtomorrow s
BIGtomorrow2017年5月号

ダイヤモンドザイ 2017年6月号s
ダイヤモンドザイ2017年6月号

BIG 増刊号s
BIGtomorrow2017年5月号増刊

BIG-s 2017-5
BIGtomorrow2017年5月号

週刊ポストs
週刊ポスト2月3日号

BIG 2017-3s
BIGtomorrow 2017年3月号

2016年度以前の掲載履歴はこちらから

  • ライブドアブログ