日本株投資家 坂本彰【公式】ブログ

2009年10月、130万円だった株式資産は2015年に5000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億円に。

竹田和平

会社四季報のチェック項目プラスα

いつも応援ありがとうございます。 人気ブログランキングへ 


youtube


2月8日に投稿した「会社四季報の読み方3つのチェック項目」ですが、
お陰様で大好評のようで多くの高評価やご意見をいただきました。


そこで今回は、この動画で紹介しなかった会社四季報のチェック項目
プラスαを公開させていただきます。



それは、会社四季報の真ん中、上段にある「株主」欄になります。


この項目は企業の大株主を上位から記載し、カッコ内は保有率を記載
している項目になります。


ここでチェックしていただきたいポイントは3つあり、


1 事業オーナーが大株主か


2 自社株の保有割合


3 著名投資家がいるか



などです。


まず一つ目、事業オーナーが大株主でいることのメリットは事業の決
断スピードが早いことや、事業オーナーが大株主となっていることで、


既存株主にとってマイナスとなる選択をする可能性が低くなります。


例えば、業績の悪いタイミングでも減配、無配をしなかったり、新株
発行など既存株主の価値を減少される選択をしにくくなるという強み
があります。


続いて2つ目が自社株の保有割合です。


こちらは事業オーナーほど影響力はないのですが、自社株を社員が多
く持っていることで、会社の将来性、成長性が高いというシグナルを
暗に発していることになります。


最後、3つ目、著名投資家が大株主になっている場合、その企業の株
価が伸びると予想している可能性が考えられます。



例えば、100社以上の大株主でもあり、和製バフェットとも言われる
竹田和平さんの名前などをチェックしてみてください。


逆に大株主に名前があれば保有対象として避けたいのが、銀行です。


銀行が大株主にズラリと並んでいる企業の場合、各行から融資をし
ていると私は判断しています。


そうなると借入が多い会社で、さらに今後もそのお付き合いが続く
のだろうと予想しています。



第2弾の動画は下記URLから視聴できます。是非ご覧ください。


https://youtu.be/I6CpEcQCd4M


動画上に書いてある「チャンネル登録はこちら」という文字ですが、
これに登録することで最新の動画情報が受け取れるようになります。


今年から始めた動画投稿ですが、今後、コンテンツがどんどん増えて
いきますので、投稿した動画を見逃すことがないように、あなたもチ
ャンネル登録をして最新情報を逃さずチェックしましょう。



今回のブログが役に立った!」という場合はランキングボタンも
一緒にクリックしていただければ嬉しいです。



株式 ブログランキングへ


アークランドサービス(3085)で1,000万円の利益を達成した!
最新の投資ノウハウが詰まったレポートを今なら無料プレゼント中!

竹田和平氏の株式投資法の極意とは?


竹田和平氏の株式投資法の極意とは?



気になる銘柄情報は「ランキング」で確認!


竹田和平氏の投資哲学がまとめられた書籍


「花のタネは真夏に播くな」を読んでみました。


私も本屋で見かけるまでは気づかなかったのですが、
竹田和平氏は誰もがご存知、100社以上の大株主で
有名な日本一の個人投資家です。

その竹田氏の本を早速読んでみました。


前半部分は竹田氏の半生を振り返った内容ですが、
この本で最もためになる内容は4章です。

竹田氏の株式投資法について語られている内容ですが、
それはものすごくシンプルです。


氏は購入する銘柄を選ぶときは「会社四季報」のみで
決定するのです。


そして、その中で注目する内容は・・・


まず1つ目に「とにかく1株利益そのものを見る」
のだそうです。

この時に利益の多くを配当金に回している会社が
良いという。

つまり、配当性向の高い会社を最重要としています。


2つ目が株主資本比率。


「ここが高い会社は継続的に良い経営を続けてきた証です。」
   
と氏のコメント。


そして3つ目は、現在の株価が過去の高値から見て、
どれだけ値下がりしているか、という点。


最後に注目するのが過去の売上高の伸び率。


そして、竹田氏の投資法の極意は、


「値上がりを期待して株を買ってはいけません。

値下がりが続いてここから値下がりしても
底が知れているという株を買うんです」

   
とのコメントが書かれていました。

今の相場だからこそ、感じてもらえる、伝わるで
あろう発言に考えさせられます。


注目! 2010年の資産運用術
期間限定無料プレゼント中!今すぐアクセス

竹田和平氏の貯徳投資学を見ました


竹田和平氏の貯徳投資学を見ました



気になる銘柄情報は「ランキング」で確認!


ツタヤのレンタルコーナーにあるお金ゼミナール。


最近いくつかのDVDをレンタルしましたが、前に
竹田和平氏の貯徳投資学を見ました。

その中で勉強になったことがありましたので
紹介させていただきます。


竹田和平氏は投資家として有名ですが、投資銘柄も
バラエティーに富んだ内容です。

ですが、その根底にあるものは


1 投資した会社は自分の事業だと思えばいい


2 自分のために投資すると失敗する


ということがあるようです。


まず1つ目についてですが、竹田氏はタマゴボーロでおなじみの
菓子会社・竹田製菓の経営者です。

DVDの中で「新しい事業を作るのはパワーがいるが、
株式投資ならば、新しい事業をしている会社に投資するだけで
自分も同じ効果が得られる」

ということをコメントされています。


確かにこれは、株式投資の醍醐味を一言で表してくれる
素晴らしい考え方だと思いました。


最近では、株価が毎日のように大きく動き、冷や汗をかく
場面もありますが、長い視点で銘柄選びをしていけば
そんなに慌てる必要もないわけです。
   
逆に、株価だけを追いかけた考え投資スタンスでは、結局
利益が少なく、損だけが増えていきます。


そして2つ目


「自分のために投資すると失敗する」


竹田氏はDVDの中で、世のため人のためになる会社に投資する
と言われていました。


私は、世のためまで考えたスケールの大きい考え方までは
さすがに持っていませんが、人のためという言葉に感じるものが
ありました。

人のため、つまりは家族、友人、恋人のためを思った銘柄選びを
することは、有効ではないかと感じました。


これも先ほどと似ていますが「目先のものだけ」を
考えていてはいけないことを竹田氏は伝えたかった
のだと思います。


注目! 2010年の資産運用術
期間限定無料プレゼント中!今すぐアクセス

財布が軽ければ心は重い


財布が軽ければ心は重い



気になる銘柄情報は「ランキング」で確認!


続いて読んだ本は別冊宝島のビジネス雑誌
「究極」のお金の授業、です。

takara.jpg

私はやはりお金が好きなようです。

テーマがお金に関するものばかりだと
我ながら感じてしまいました。


内容は金銭哲学にまつわる内容で、
今話題の著者が自分の得意なジャンルで
いろんなことを話していました。

私がためになったと思った人は


大前研一氏、竹田和平氏、本田健氏、苫米地英人氏
のパート部分でした。

他に良かったのがお金の格言(P54)

「財布が軽ければ心は重い」

ゲーテの言葉には思わずうなずきました。


他にも株式投資では、プライスの言葉

「最も有利な投資タイミングは、成長の初期段階
であり、リスクも少なくて済む」

が印象に残りました。


注目! 2010年の資産運用術
期間限定無料プレゼント中!今すぐアクセス

竹田和平さんの投資法とは?


□竹田和平さんの投資法とは?

竹田和平さんといえば、保有株の時価総額が
200億を超えるという、業界では超有名な投資家だ。

大株主としても有名で、会社四季報では
112社に大株主欄で名前が載っているほどだ。

さて、そんな竹田和平さんの投資法といえば、
日本の小型株投資がメインスタンス。

株で儲ける黄金法則とは・・・?

まだ誰も気づいていない、高い技術力をもつ銘柄を
購入し、中、長期投資保有というスタイル。

他にも

・業績の伸びが順調か

・PERは低く、割安か

・配当がきちんと出ているか

・大株主になれる時価総額か

などをチェックしているそうです。

4つ目は竹田さんだけですが、
他の3項目は、チェックが必要ですね。





最後の株式投資マニュアル ブログTOPページへ
プロフィール
株式会社リーブル代表取締役
坂本 彰(さかもと あきら)

サラリーマン時代に始めた株式投資から多くの失敗と経験をし、株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。

平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。

著書に「小売お宝株だけで1億円儲ける法」(日本実業出版社)「60歳から10万円で始める高配当株投資術」「10万円から始める高配当株投資術」(あさ出版)がある。

メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。

投資助言・代理業(投資顧問業)近畿財務局長(金商)第356号
一般社団法人日本投資顧問業協会加入 会員番号 022-00264号

雑誌掲載、講演会、出版等のご依頼がございましたら下記メールアドレスまでご連絡をお願いいたします。折り返し返信させていただきます。

kabu@toushi01.com

※ブログや動画で採り上げた銘柄は利益を保証するものではありません。

情報提供が目的であることを事前にご理解の上、自己責任にて投資をお願い致します。

最新記事(画像付)
出版実績
書籍 画像2s
「小売お宝株だけで1億円儲ける法」(日本実業出版社) 高配当株投資術 書籍画像2s
「10万円から始める高配当株投資術」(あさ出版) 60歳から10万円で始める高配当株投資術s
「60歳から10万円で始める高配当株投資術」(あさ出版)
メディア掲載履歴
日経ヴェリタス
日経ヴェリタス4月8日号

ダイヤモンドザイs 2018年4月号
ダイヤモンドザイ2018年4月号

週刊ポストs 3月2日号
週刊ポスト3月2日号

週刊ポストs 29
週刊ポスト2月9日号

日経ヴェリタス
日経ヴェリタス12月31日号

ダイヤモンドザイs
ダイヤモンドザイ2018年2月号

カリスマ投資家たちのs
カリスマ投資家たちの株式投資術(KADOKAWA)

BIGtomorrow増刊号s
BIGtomorrow増刊号

ダイヤモンドザイs
ダイヤモンドザイ2017年9月号

日本の投資家億万長者
日本の投資家億万長者列伝 宝島社

yenspa
Yen SPA!2017年夏号

高配当株投資術 日経新聞s
2017年5月23日 日経新聞

BIGtomorrow s
BIGtomorrow2017年5月号

ダイヤモンドザイ 2017年6月号s
ダイヤモンドザイ2017年6月号

BIG 増刊号s
BIGtomorrow2017年5月号増刊

BIG-s 2017-5
BIGtomorrow2017年5月号

週刊ポストs
週刊ポスト2月3日号

BIG 2017-3s
BIGtomorrow 2017年3月号

2016年度以前の掲載履歴はこちらから

  • ライブドアブログ