日本株投資家 坂本彰【公式】ブログ

2009年10月、130万円だった株式資産は2015年に5000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億円に。

7974

任天堂の株主総会に参加してきました。

いつも応援ありがとうございます。人気ブログランキングへ


業績に関する経営陣の想いや、個人投資家目線での意見、
今後の株価について動画を作りました。





「坂本彰の日本株チャンネル」


今後も有益なノウハウを動画でも配信していきますので、見逃し
たくない方は、チャンネル登録を。



YouTubeチャンネル登録者数が1500人を突破しました!


過去の人気動画や投資の実績もご覧になれます。


チャンネル登録がまだの方は、今すぐ登録を。


ブログが役に立ったという方は、ブログランキングへ応援
のクリックをいただければ幸いです。



応援のやり方は、私のブログにある「人気ブログランキングへ
と書かれた文字をクリックするだけです。


応援が多いと、執筆活動の励みにもなります。


読者様が何か登録するなどの必要はありません。


【 アークランドサービス(3085)で1000万円の利益達成! 】
投資ノウハウが詰まったレポートを今なら無料プレゼント中!

任天堂「スイッチ」生産計画倍増で株価はどこまで伸びる?

いつも応援ありがとうございます。人気ブログランキングへ


任天堂スイッチ


3月3日に販売した新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」ですが、
17日、好調な需要を受け、2018年3月期の生産計画を少なくとも2
倍に引き上げることを決めたそうです。



当初800万台だった生産計画を1600万台に引き上げるとのこと。


開始1年目の生産ペースとしては、据え置き型ゲーム機としては
唯一、世界累計販売台数で1億台を突破した大ヒット機「Wii(ウ
ィー)」に並ぶそうです。



任天堂の広報担当者からコメントは得られなかったため、信憑性
のほどは何とも言えず。


任天堂は他の様々な内容についてもノーコメントで一貫している
ため、この報道が正しいか嘘かは正確に判断できませんが、1台3
万円で単純計算してみても、売上高で4800億円となります。


2017年度の売上高予想は4700億円ですが、本業の成績である営業
利益はマイナスです。


投資有価証券売却益もあり純利益は大きく伸びておりますが2018
年度は好業績が期待できそうです。


Wiiの発売は2006年12月でしたが、2007年以降の業績は下記の通り。


任天堂業績


2007年 売上高は9665億円、純利益は1742億円

2008年 売上高は1兆6724億円、純利益は2573億円

2009年 売上高は1兆8386億円、純利益は2790億円



となっており、数年間に渡り増収増益が続いています。


ニンテンドースイッチも、このように推移していくでしょうか?


ちなみにWiiの時は2007年に株価が7万円台まで上昇、大相場とな
りました。



業績よりも株価が先取りする傾向が強いため、2017〜2018年あた
りが株価の天井と予想しています。



また、ニューヨークタイムズのウィングフィールド氏によれば、
同時に発売となったソフト「ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド」
もタイトルとしては最速の販売記録を更新しているそうです。


今後も知名度の高い新作ソフトが多く発表、発売されるため、好
悪材料が色々と出そうですが、話題性は高くなりそうです。


任天堂の場合、販売チャンネルは多数ありますが、一番大きい収
益源は新型ゲーム機です。


過去のブログでもお伝えしてきた通り、私は同社の株を保有して
いるため、利益確定売りの機会を狙っていきます。


あくまで楽観的なシナリオですが、年末にかけて4〜5万円くらい
まで伸びる可能性もありそうです。



関連記事


任天堂 ポケモンGOで8000円以上の急騰とおもちゃ株の特徴


ブログが役に立ったという方は、ブログランキングへ応援
のクリックをいただければ幸いです。



応援のやり方は、私のブログにある「人気ブログランキングへ
と書かれた文字をクリックするだけです。


応援が多いと、執筆活動の励みにもなります。


読者様が何か登録するなどの必要はありません。


【 アークランドサービス(3085)で1000万円の利益達成! 】
投資ノウハウが詰まったレポートを今なら無料プレゼント中!
投資レポート QRコード
QRコードからもアクセスできます!



上半期総括 その2(私が購入した銘柄)前半

いつも応援ありがとうございます。 人気ブログランキングへ 


mario


26日のメルマガ、上半期総括の中で「約半年で100万円の利益とな
った株が出た」とお話をさせていただきました。



関連ブログ記事 上半期総括


私自身の個別株情報については、Youtube以外の媒体であまり公開
していないのですが、運用法や売買タイミングを伝えることにより、
銘柄選択選びのスキルがアップすると思います。



是非、本文をご覧ください。


私自身の株式資産残高は6月末で5181万円となり、26日のメルマガで報
告した時点と大きな違いはございません。


上半期の受取配当金は327,515円となっており(特定口座317,265円、
NISA10,250円)今年も昨年に続いて年間受取配当金は50万円を超え
そうです。


続いて本題の、今年購入した株の中で一番利益の出ている株ですが
これは任天堂(7974)になります。



私がなぜ、同社の株を購入したのかについてですが、購入した日の
前日、同社の第3四半期決算が発表され、営業利益が4期ぶりに黒字
となること。


さらに同日、通期純利益が上方修正されたのですが、翌日の株価は
大きく下落したため購入を決断するに至りました。


正直、1単元の購入で100万円を超えるため、悩む部分もございまし
たが同社の回復と自分の選択眼を信じての決定でした。


任天堂は2012年12月に100株を購入し、3年後に再び100株を買い増し
しました。


そのため現在、合計200株保有しています。



同社の買い増し時期がこんなにも離れたのは、同社が成長株ではなく
業績回復株という種類に位置づけられることがあります。


業績回復株とは文字通り、業績は好転していく過程、もしくは初期段
階に投資をして、大きく利益を伸ばしていく投資法です。


任天堂の場合、2012年から14年まで3期連続で営業赤字を続けており、
(純利益については為替差益の影響で黒字転換した年もあります。)
この期間に投資を2回行いました。


最初の100株を購入した要因として、円安が進むと予想したことや、
国際優良企業で財務基盤も素晴らしく、これ以上株価は下がらない
と判断しての購入でした。


業績回復株の場合、赤字から黒字へ、さらに成長軌道に乗る直前に
投資すれば利益は2倍どころではない。



大当たりするぞと思っていたのですが・・・


後半に続く


今回のブログが役に立った!」という場合はランキングボタン
も一緒にクリックしていただければ嬉しいです。



株式 ブログランキングへ


アークランドサービス(3085)で1,000万円の利益を達成した!
最新の投資ノウハウが詰まったレポートを今なら無料プレゼント中!

任天堂 7974 投資判断引き上げで大幅高


任天堂 7974 投資判断引き上げで大幅高


人気ブログランキングへ 挑戦中です。応援クリックお願いします


任天堂 7974寄りつきから2万株を
超える買い注文があり、+1500円、7%以上の
急騰となっています。



シティが同社の投資判断を「中立」から「買い」へ
目標株価を2万9000円から3万円
へとそれぞれ
引き上げていることなどが材料となっていますが
ホルダーさんには大きなボーナスとなりそうです。

確かにPERは10倍台、配当利回りも6%台、
おまけに無借金経営の超優良銘柄です。


単位株で15万以上の含み益は大きいのですが
円高基調のトレンドでも、外資の投資判断一つで
ここまで注目されるものなのでしょうか?

昨日の海運株といい、大口の売買動機って意外と
こんなものでしょうか?

ちょっと驚きのニュースでした。


その他、株式銘柄情報は
このレポートを読んでみてください。

ソニー 6758 PS3を2万9980円に値下げへ


ソニー 6758 PS3を2万9980円に値下げへ



ブログランキング挑戦中です。応援クリックお願いします

ソニー 6758は19日、PS3の新機種を現行より1万円安い
2万9980円で9月3日に発売すると発表しました。

ps3.jpg

欧米でも同水準の価格に引き下げるそうです。

発売したての頃は5万9800円か6万9800円だった
のを覚えています。

それにくらべると手が届きやすい価格にまで
落ち着いてきましたね。


すっかり目立たないソニーですが、やはり
本業のAV機器に元気がなく今期も赤字予想
だからでしょうか。

四季報を見ても、これといった明るい材料は
全くありません。



それよりも気になるのは任天堂 7974でしょうか。

円高や業績が下向きなのを理由にPERが
10倍前後まで落ちてきています。

株価も2万5000円程度まで落ち、2006年度
あたりにまで戻ってきています。

無借金経営、高配当、豊富なキャッシュは顕在ですから
いったん好材料がでれば再び動きだしそうな
予感がします。


その他、株式投資情報をご希望の方は
このレポートに登録しておいてください。

プロフィール
株式会社リーブル代表取締役
坂本 彰(さかもと あきら)

サラリーマン時代に始めた株式投資から多くの失敗と経験をし、株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。

平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。

著書に「小売お宝株だけで1億円儲ける法」(日本実業出版社)「60歳から10万円で始める高配当株投資術」「10万円から始める高配当株投資術」(あさ出版)がある。

メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。

投資助言・代理業(投資顧問業)近畿財務局長(金商)第356号
一般社団法人日本投資顧問業協会加入 会員番号 022-00264号

雑誌掲載、講演会、出版等のご依頼がございましたら下記メールアドレスまでご連絡をお願いいたします。折り返し返信させていただきます。

kabu@toushi01.com

※ブログや動画で採り上げた銘柄は利益を保証するものではありません。

情報提供が目的であることを事前にご理解の上、自己責任にて投資をお願い致します。

最新記事(画像付)
出版実績
書籍 画像2s
「小売お宝株だけで1億円儲ける法」(日本実業出版社) 高配当株投資術 書籍画像2s
「10万円から始める高配当株投資術」(あさ出版) 60歳から10万円で始める高配当株投資術s
「60歳から10万円で始める高配当株投資術」(あさ出版)
メディア掲載履歴
日経ヴェリタス
日経ヴェリタス4月8日号

ダイヤモンドザイs 2018年4月号
ダイヤモンドザイ2018年4月号

週刊ポストs 3月2日号
週刊ポスト3月2日号

週刊ポストs 29
週刊ポスト2月9日号

日経ヴェリタス
日経ヴェリタス12月31日号

ダイヤモンドザイs
ダイヤモンドザイ2018年2月号

カリスマ投資家たちのs
カリスマ投資家たちの株式投資術(KADOKAWA)

BIGtomorrow増刊号s
BIGtomorrow増刊号

ダイヤモンドザイs
ダイヤモンドザイ2017年9月号

日本の投資家億万長者
日本の投資家億万長者列伝 宝島社

yenspa
Yen SPA!2017年夏号

高配当株投資術 日経新聞s
2017年5月23日 日経新聞

BIGtomorrow s
BIGtomorrow2017年5月号

ダイヤモンドザイ 2017年6月号s
ダイヤモンドザイ2017年6月号

BIG 増刊号s
BIGtomorrow2017年5月号増刊

BIG-s 2017-5
BIGtomorrow2017年5月号

週刊ポストs
週刊ポスト2月3日号

BIG 2017-3s
BIGtomorrow 2017年3月号

2016年度以前の掲載履歴はこちらから

  • ライブドアブログ